wintersolstic-when-img1

1年のうち、もっとも日が短くなる日を冬至といいます。

冬至の日にはかぼちゃを食べたり、ゆず湯にはいるのが一般的ですよね。

準備もあるし、今年の冬至はいつかな~?

というわけで今回は「今年の冬至はいつか」というところから、「冬至の日はどうやって決まるか」についても調べてみました!

スポンサーリンク




冬至の日はどうやって決まる?

冬至の日はどうやって決まる?

冬至は毎年、「定気法(ていきほう)」と呼ばれる方法をもちいて決まるようです。

詳しく調べてみたのですが、説明が難しい・・・。

簡単にいうと、定気法では1年を24等分しそれぞれ月名に名前をもうけています。

この24等分の月名のひとつに冬至や、春分、夏至、立秋などがあるようです。

で、冬至の日の決まり方ですが、地球から見た時に太陽の見かけ上の通り道が270度の瞬間を「冬至」というそう。

日付でいうと例年12月22日ごろだそうです。

過去の冬至日を調べると、少ないですが12月21日だった時や12月23日もありますね。

今年の冬至はいつか?

では、「今年の冬至はいつか?」ですが、今年(2016年)の冬至は12月21日です!

ちなみに世界時間での今年の冬至の瞬間は、12月21日10:44だそうですよ。

12月21日に向けてかぼちゃやゆず湯などを準備しましょう♪

来年以降の冬至はいつか?についてもわかったので参考にどうぞ。

2024年までの冬至の日

2016年:12月21日

2017年:12月22日

2018年:12月22日

2019年:12月22日

2020年:12月21日

2021年:12月22日

2022年:12月22日

2023年:12月22日

2024年:12月21日

冬至の日はあたたかくしてすごそう

1年で一番日が短い冬至の日は、寒さもかなりのもの。

ちなみに当時の日には北極圏全域で1日中太陽が昇らない「極夜」、南極圏全域では1日中太陽が沈まない「白夜」になるそうです。

冬至粥やかぼちゃを食べたり、ゆず湯にゆっくり使って、あたたかくして過ごしましょう♪

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?