ハロウィンの時期には、なぜかはわからなくても、かぼちゃが定番アイテムとなってますよね。

当たり前のように、かぼちゃのお化けグッズなどがたくさん販売されています。

そして、なぜかはよくわかってなくても仮装して盛り上がっています。

なぜハロウィンではカボチャを使用するなのか?なぜハロウィンでは仮装するのか?

理由をまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね。

ハロウィンでは、なぜかぼちゃを使用するのか?なぜ仮装するのか?

なぜハロウィンではかぼちゃを使用するのか?

ハロウィンで有名なかぼちゃのお化けは、ジャック・オー・ランタンと呼ばれています。

このジャック・オー・ランタンというのは、アイルランドに存在した悪い人だったそうです。

彼は老いぼれて亡くなったのですが、悪いことばかりをしていたので、天国にも地獄にも入れてもらえずさまようだけの魂となりました。

その時の魂を照らす灯りとして使われたのが、大きなカブだったとされています。

ですがこの話がアメリカ大陸に伝わった時、当時のアメリカには少なかったカブではなく、大量にあったカボチャを利用したとされています。

なぜハロウィンではかぼちゃを使用するのか?

10月はかぼちゃの収穫時期で、当時のアメリカ人にとっては、カブよりもかぼちゃの方が身近な野菜だったことも関係しているようです。

かぼちゃは大きくてくり抜くのも簡単なので、灯りにするのも最適だったわけです。

これが、ハロウィンでかぼちゃを使用している理由です。

そして、このかぼちゃを加工することで、お化けのようなランタンを作り、元々の名前の由来である、ジャック・オー・ランタンという名前をつけたそうです。

スポンサーリンク




なぜハロウィンでは仮装するの?

アイルランド地域に住んでいた古代ケルト人にとって、11月1日が新年で10月31日は大晦日でした。

そして10月31日は、魔物がやってくる日とされていたんです。

ですので、「わたしたちは同じ魔物なので仲間ですよ」と仮装することで、アピールをしていたんです。

このようにして難を逃れようとしたことが、ハロウィンで仮装を始めたキッカケとされています。

なぜハロウィンでは仮装するの?

ちなみに日本でハロウィンが盛り上がったのは、あるテーマパークでの仮装イベントなんだとか。

ずいぶん前から、コスプレが流行っていた日本では、ハロウィンの仮装文化は受け入れやすかったのかもしれませんね。

そして、ハロウィンでお菓子を上げるという風習も、家の中に魔物が入ってこないようにする為の対策だったようです。

お菓子をあげて、魔物にご機嫌よく帰ってもらえれば怖い思いをしなくても済みますからね。

これがハロウィンでお菓子を上げる理由なんだとか。

ハロウィンでなぜかぼちゃを使用するのかも、なぜ仮装するのかも、わかってしまえば、可愛い文化だなということがわかりますよね。

子どもだけでなく、大人も楽しめるイベントなので、ぜひ10月31日は盛り上がってくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?