七五三とはその名のとおり、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う行事です。

神社やお寺でおめかしして家族で写真をとった記憶が、なーんとなくある方も多いのでは?

懐かしい写真としても多く出現するのが七五三の写真ですよね!

私は千歳飴が印象に残ってますね〜。

2016年の七五三はいつやるの?男の子や女の子や早生まれは?

そして時が経てば、今度は自分の子供が七五三をやる番となります。

2016年の七五三はいつやるの?

七五三の年齢の数え方は数え年?

男の子や女の子の場合は何歳?

早生まれだったら?

初めての七五三だと疑問だらけですよね。

今回はそんな七五三の疑問をまとめて解決します。

2016年の七五三は11月15日(火)の先勝

本来七五三は11月15日だそうです。

そうすると2016年は11月15日(先勝)の火曜日となるわけですね。

ですが必ずしも、11月15日でなければいけないわけではありません。

今はその前後の大安や吉日など、縁起の良い日に行くご家庭も多いようです。

11月は神社も混みますので、早めに10月に行くというご家庭も。

子供が風邪をひいたりすることもあるので、子供の体調に合わせて無理のない日に行くのがベストということですね。

2016年の混雑予想としては、11月13日の日曜日が大混雑の見通しです。

日曜なことに加えて、この日は大安ですからね。

もしこの日行こうと思っている方は、早めに予約するなどの準備が必要です。

七五三のときの年齢の数え方

年齢の数え方には昔から伝わる数え年と、現在の満年齢の2つがあります。

数え年は、生まれた日を1歳として初めて迎えるお正月で2歳になり、以降お正月になる度に歳を重ねるという数え方です。

七五三のときの年齢の数え方

満年齢は誕生日になると歳をとる数え方で、今はこちらが一般的ですね。

とはいえ、神社で厄年を確認するときなんかは数え年が使われますよね。

七五三は数え年、満年齢どちらが正しいのでしょうか?

正解は・・・七五三は数え年、満年齢どちらで祝ってもOK。

先祖代々我が家は数え年よ!なんてことがない限り、こだわる必要はないようです。

男の子と女の子の七五三はいつやればいいの?

では年齢の数え方がわかったところで、何歳のときにやればいいのか?

なんとなく知っている方もいるかもしれませんが、男の子と女の子でお祝いする年齢が違います。

男の子の七五三はいつ?

3歳※、5歳

女の子の七五三はいつ?

3歳、7歳

※ 男の子の3歳のお祝いはしないところもあるそうです。

これも厳格な決まりはなくて、お祝いするかしないかは、家族や親戚と決めるのがよさそうですね

早生まれの七五三はいつやるの?

早生まれは迷うところですが、年齢の数え方と一緒で今年でも来年でも大丈夫です。

これも子供の成長によって決めればよいそうです。

七五三は子供の成長を祝うものです。

あまり小さいうちに連れていって、子供に負担をかけては意味がないってことですね!

七五三は日にちにこだわるよりも子供の成長を祝うという気持ちがもっとも大事!

子供の体調やタイミングを一番に考えて、家族や親戚と相談して決めましょう。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?