大学生の夏休みの期間って長いですよね?

この長すぎるとも言える夏休み期間を有効活用しないのはもったいないですよね。

そこで大学生がやってみたくなる & やれそうなことをまとめてみました。

長すぎる大学生の夏休み期間中に出来ることのまとめ

別に大学生じゃなくても出来ることもあるのですが、夏休み期間を持て余すぜーって人はチェックしておいて損なしです。

大学生の夏休みの期間は?

そもそも大学生の夏休み期間って、高校生までと違って大学や学部によって結構バラバラなんです。

高校生までの夏休みは、7月20日〜8月末までが一般的ですよね?

約40日間!

これでも社会人になってからだと、かなり長く感じる期間ですが、大学生の夏休みはもう少し長いんです。

おおよそで5o日間〜60日間くらいなので約2ヶ月間。

夏休みの時期は、ほとんどの大学で7月1日から9月末の間となります。

全体的には、8月1日〜9月20日頃までが夏休みというパターンが多いです。

ちなみにお盆の期間は、どの大学も休みになるのが一般的みたいです。

長い夏休み期間は有効活用する絶好のチャンス

何もせずダラダラと約2ヶ月をすごすのも良いかもしれませんが、せっかくなので普段出来ないことを経験してみるのがオススメです。

ですので、普段から出来るような一般的なバイトやゼミ、サークルなどは省略しました。

01:旅行

国内旅行でも海外旅行でも何でもOK。

2ヶ月間もあれば、バックパッカーとして東南アジア一人旅だって、日本一周だって出来ちゃいます。

とはいっても大学生はお金がないのが悩みの種。

下記のBooking.comは、国内外の超格安宿がバンバン見つかるオススメのサイトです。

日本国内でも2,000円くらいで泊まれる宿も見つかりますよ。

02:資格取得

大学生の夏休みは長いので、ユーキャンで資格とったりとかも出来そうですね。

普段は忙しくてなかなか資格取得なんて出来ないでしょうが、夏休み期間なら出来そうです。

今、人気になっている資格はFP(ファイナンシャルプランナー)や、医療事務、食生活アドバイザーなどです。

勉強意欲が満々な人にはオススメです。

また、自動車免許を取得する為に自動車教習所の合宿に行くのもアリですね。

この時期は他の大学の学生とも出会うので、仲の良い友人も出来るかも。

早ければ2週間程度で自動車免許が取れるのでオススメですよ。

03:治験バイト

普通のバイトではない一風変わったことをやってみたいなら、治験バイトもオススメです。

治験は厚生労働省の許可を得ておこなっているので、本当はかなり安全なんですよ。

入院タイプの治験なら、うまくいけば50万円くらい一気に稼げることもあります。

パソコンでネットサーフィンしてても、病院にあるマンガを読んでても、ゲームをしててもお金がもらえます。

一度参加するとクセになりますよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?