これまでに、台風で旅行や飛行機がキャンセルになったことはありますか?

わたしは経験ありませんが、夏〜秋頃に飛行機の予約をとっていると、台風でキャンセルになることがまれにあるそうです。

これは旅行ツアーなどでも同じです。

ですが、こういった不測のトラブルでのキャンセル料って、どうなるか知ってますか?

台風による旅行や飛行機のキャンセル料はどうなる?

2016年は6月現時点でも台風はきていませんが、7月、8月、9月と、台風の頻度が増えるとの予測もあります。

ですので今回は、不測のトラブルでも慌てないですむよう、台風による旅行や飛行機のキャンセル料についてまとめました。

旅行や飛行機の予約をとる予定の人は、参考にしてみてくださいね。

台風だからといって勝手な判断で行動してはならない

旅行や飛行機がキャンセル扱いになるかは、航空会社や旅行会社の判断に委ねられます。

同じような状況だったとしても、会社が違えば対応は異なります。

また飛行機が欠航になるかどうかは、ギリギリになるまでわかりません。

前日の時点で決定していることもありますが、天候の判断は難しく、ギリギリまで決定出来ないこともあります。

これは、キャンセルにすれば損害もあるので、出来ることなら飛ばしたいというのが航空会社の判断だからです。

スポンサーリンク




台風の場合は自己都合によるキャンセルにだけ気をつける

台風になった場合、自身の都合によるキャンセルなら、いかなる場合もキャンセル料が発生します。

これは飛行機も一般的な旅行ツアーにかかる費用も同じです。(飛行機の場合は購入したプランや航空会社によります)

台風の場合は自己都合によるキャンセルにだけ気をつける

飛行機を飛ばすかどうか、ツアーを催行するかどうかの判断は、各々の会社に委ねられるので、その点は注意が必要です。

ですので、キャンセル料を払わないですませる為には、旅行会社や航空会社の判断に従うのが得策です。

一般的にツアーの場合は、ツアー会社からの直接連絡を待つ、飛行機の場合は航空会社の「運行情報ページ」から、最新情報をチェックしてください。

ただし、ツアー中止、飛行機が飛ばないとなった場合は、全額払い戻し、飛行機なら振替便となるのが一般的な対応です。

もし振替便を希望の場合は、いち早く「空港待ち整理券」をもらう必要があります。

これは原則、空港のカウンターに行かねばならず、早い者勝ちなので注意してください。

また天候によるツアー中止や欠航になった場合、ツアー代金や航空運賃以外は全額事故負担となります。

  • 空港までの交通費
  • 振替便を待つ間の食事代
  • 予約していたホテルの宿泊費
  • 予約していたレンタカー費用
  • 予約していた娯楽施設の入場料

これは、天候による損害は航空会社や旅行会社の責任ではないとされている為です。

とりあえず、基本的には自己都合によるキャンセルの場合以外は余計な費用はかかりません。

また当日キャンセルの場合でも、台風が理由ならキャンセル費用は発生しないというホテルもあります。

台風になった場合も慌てず、まずは落ち着いて旅行会社と航空会社の判断を待つ!

そして欠航、ツアー中止となった場合は、ホテルをはじめとしたサービスの予約をキャンセルするのが正しい流れです。

くれぐれも、自己都合によるキャンセルだけは気をつけてくださいね。

落ち着いて行動すれば、余計なキャンセル料に悩まされる心配はありませんよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?