土浦花火大会は、2016年も例年以上に盛り上がることが確実とされている見どころ満点の花火大会です。

しかしネックにもなっているのが、その異常なまでの混雑状況です。

今回は、そんな茨城県土浦市で開催される土浦花火大会について、見どころと混雑状況をまとめたいと思います。

土浦花火大会は2016年の見どころと花火大会の概要

土浦花火大会は、秋田県の大曲花火大会、新潟県の長岡花火大会とならんで、日本三大花火大会と称される花火大会です。

さらにそれだけでなく、日本三大競技花火大会の一つに数えらています。

毎年、全国の花火師たちが集まり、優勝をかけてその技術を競いあいます。

花火競技大会では、スターマイン(速射連発花火)の部、10号玉の部、創造花火の部の3部門で競われ、非常に盛り上がる見どころとなっています。

下記の動画は、2015年度の優勝花火ですが、ものすごく色合いや見せ方が綺麗です。

青緑の花火が心地いいリズムで打ちあがり、本当に華やかで魅力的です。

さすが、指折りの花火技師が競い合う伝統の花火大会であり、質の高さ日本一を競っているだけはあります。

さらに19時をすぎると、大会提供のワイドスターマインが複数の場所から同時に打上げられます。

その迫力も圧巻で、1日で70万人以上が集まるのも納得の花火大会となっています。

スポンサーリンク




土浦花火大会は2016年の混雑状況の回避と注意点

見どころで紹介したように、土浦花火大会の人気は想像しているよりもすごいものだと思います。

もちろん行ったことのある人はご存知だと思いますが、初めて行く人はその混雑状況に圧倒されてしまうでしょう。

土浦花火大会は2016年の混雑状況の回避と注意点

引用:交通アクセス|土浦全国花火競技大会

「茨城でしょ!?都心じゃないんだし、そこまで渋滞とかしないでしょ?」と、楽観的な予想がことごとく裏切られます。

場所が場所だけに、車で行く人も多いですが、出来るだけ公共交通機関を使うことをお勧めします。

車で行く場合の注意点

もし車で行くなら、5~6時間前のお昼すぎまでには土浦市に到着するようにしておきましょう。

15時をすぎると、用意されている5,000台の駐車場もすべて埋まり、街を歩く人の混雑状況もすごいことになります。

開始3時間前で既にそんな混雑状況になるのですから、開始1時間前なんかは歩くことも困難になりますよ。

国道6号の出入り口規制について

ちなみに15時をすぎると、交通規制も厳しくなるので注意が必要です。

  • 土浦学園戦の入り口と出口は15~22時まで閉鎖。
  • 虫掛出口と宍塚大岩田線出口は17~22時まで閉鎖。

特に要注意なのは帰りとトイレ

混雑状況がすさまじいこともあり、特に注意しないといけないのは帰りと注意です。

車で行った場合は、何時間も駐車場から出ることさえ不可能となります。

またトイレは毎年大混雑するので、花火大会の途中に一度行っておくことをオススメします。

特に女性用トイレは長蛇の列となるので、注意してくださいね。

混雑状況にさえ気をつければ、土浦花火大会は見どころも満点の花火大会です。

ぜひ2016年は茨城県土浦市まで、足をお運びください。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?