全国的にも大人気の土浦花火大会は、ご存知でしょうか?

茨城県では人気1位の花火大会、さらには全国でもトップクラスの人気を誇っている花火大会です。

さらには全国の花火師たちが集まり、優勝をかけてその技術を競う花火大会でもあります。

今回はそんな土浦花火大会2016年の会場や打ち上げ場所と、場所取りの方法を紹介します。

tsuchiurahanabi2016place-img01

引用:土浦全国花火競技大会

土浦花火大会は、行ったことのない人にとっては想像以上に混雑する花火大会です。

早めに打ち上げ場所付近の会場に行って場所取りをしなければ、いい位置では花火鑑賞が見れません。

18時からの花火大会ですが、昼過ぎには混みまくるので注意してくださいね。

土浦花火大会2016年の会場と打ち上げ場所について

土浦花火大会2016年の会場と打ち上げ場所は、下記の通りとなります。

日程は2016年10月1日(土曜日)、打ち上げ時間は18時~20時30分を予定しています。

会場 〒300-0803 茨城県土浦市佐野子260
打ち上げ場所 茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋付近
駐車場 有料と無料で5,000台。他にも臨時駐車場あり。
最寄り駅 JR常磐線土浦駅から徒歩30分
交通・アクセス JR常磐線土浦駅からシャトルバスで10分。
問い合わせ先 土浦全国花火競技大会実行委員会:029-826-1111

お昼すぎから混みあい、駐車場も15時頃までには全てが埋まります。

車で直接行くのは大変なので、なるべく公共機関を利用して、会場に行くのがオススメです。

スポンサーリンク




土浦花火大会2016年の場所取りについて

2016年の土浦花火大会では、前日9月30日(金)から場所取りが出来ます。

人気はあり混雑はしますが、9月30日の早朝から並べば場所取りも可能ですよ。

場所取りの方法としては、名前を書いたレジャーシートを置いておくだけで大丈夫です。

ずっと同じ場所にいる必要はありません。

土浦花火大会2016年の場所取りについて

引用:土浦全国花火競技大会

県外から見に来る場所取りがしたいという人は、前日の早朝には花火大会会場に行く必要がありますね。

この時期は、それなりに夜が冷えることもあるので、コートやダウンジャケット等、暖かい上着の用意が必要です。

車で待機する人も多いそうなので、その場合はダウンジャケットが必須アイテムです。

また有料にはなりますが、桟敷席(さじきせき)という有料席も用意されています。

こちらは当日券はなく、公式サイトから予約して購入します。

  • 最大6名の21,000円(マス席)
  • 最大3名の10,500円(半マス席)

上記の2種類が用意されています。

場所取りは嫌だけど、せっかくなので良い席から土浦花火大会を見たいという人にはオススメです。

土浦花火大会は、他の花火大会以上に混雑もして大変ですが、日本最高レベルの花火大会です。

見に行って後悔することはありませんので、花火好きも花火大会に興味のない人も、ぜひ一度は見てみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?