東京国際映画祭2016チケットの値段は?発売日や購入方法は?

9月も残りわずかとなり、2016年の東京国際映画祭の開催が近づいてきました!

ということは東京国際映画祭2016チケットの販売ももうすぐ!?

東京国際映画祭2016のチケットの発売日や購入方法、値段についてまとめましたので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




東京国際映画祭2016のチケットの発売日は?

2016年は10月25日〜11月3日の10日間開催される東京国際映画祭2016!

東京国際映画祭はアジア最大級の映画祭で、有名スターや監督の来日したり、日本映画界の名だたる人たちも集まるイベントです。

東京国際映画祭でしか見られない映画もあるだけに、この映画祭を心待ちにしていた映画ファンも多いのではないでしょうか?

東京国際映画祭は一般人も参加できるフランクな映画祭ですが、チケットがなければ入場できません。

気になる東京国際映画祭2016のチケットは、2016年10月15日(土)より発売されます。

東京国際映画祭2016のチケット購入方法は?

東京国際映画祭2016のチケット購入方法は?

東京国際映画祭2016のチケットは、インターネット、電話、劇場窓口で購入することができます。

インターネットからのチケット購入方法

携帯、スマートフォン、パソコンなどからチケット販売サイト「チケットボード」にアクセスし購入することできます。

会員登録が必要なので、販売開始前に済ませておくといいですね。

電話からのチケット購入方法

下記電話番号でもチケットの購入を受け付けています。

受付時間は10:00〜20:00までです。

上映3日前まで決済・受取が可能で、1枚につき150円の発券手数料がかかります。

固定電話 / 携帯電話 0570-009-300
PHS / IP電話 0986-30-4037

劇場窓口からのチケット購入方法

会場となるTOHOシネマズ六本木ヒルズの劇場窓口でも購入できます。

インターネットや、電話受付でチケットが完売した場合には、劇場窓口での販売はありませんのでご注意ください。

東京国際映画祭2016のチケットの値段は?

東京国際映画祭2016のチケットの値段は観る部門や企画によって異なるようです。

企画によっては値段は1,000〜10,000円まであります。

例としていくつか参考値段をのせておきますね。

オープニング / クロージング / 特別招待作品 2,500円
ワールドフォーカス 1,500円
コンペティション / アジアの未来 / 日本映画スプラッシュ / CROSSCUT ASIA 1,300円

オープニングセレモニーや人気の映画や企画はすぐに売り切れてしまうこともあります。

観たい映画がある場合は早めにチケットをとることをオススメします。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?