東京国際映画祭2016!レッドカーペットの豪華ゲストはいかに!?

今年は10月下旬より開催される、東京国際映画祭2016。

この時期になると、レッドカーペットを著名人が歩く姿をニュースで見かけます。

レッドカーペットは豪華で、海外や日本のスターや監督がおとずれ、報道関係者が映ることが多いことから一般人は入れないイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

実は東京国際映画祭のレッドカーペットは、一般の方も無料で観に行くことができるイベントなんです。

スポンサーリンク




東京国際映画祭初日をかざるレッドカーペットにはあの人も登場!?

東京国際映画祭は2016年で第29回目となります。

毎年国内外から豪華なゲストがおとずれ、テレビやネットで話題になっていますね。

そして、その東京国際映画祭の初日を飾るのがレッドカーペット。

こちらは2015年の東京国際映画祭レッドカーペットの様子です。

2015年は「サヨナラの代わりに」主演のヒラリー・スワンクをはじめ、ヘレン・ミレン、ジャック・クルーゾ監督、ロバート・ゼメキス監督の海外スターや、日本からも「ラスト・ナイツ」の紀里谷和明さんやPerfume、北川景子さん、松山ケンイチさん、役所広司さん、GACKTさん、竹内結子さんなど、レッドカーペットに約400人のゲストが華やかな衣装で登場しました!

なかには声をかけると手をふってくれたり、サインや握手してくれるゲストもいるそうですよ!

ファンからしたらたまらないですね!

東京国際映画祭2016はどんなゲストがおとずれるのか楽しみです!

東京国際映画祭2016のレッドカーペットの日程や場所、観覧方法は?

東京国際映画祭2016のレッドカーペットの日程や場所、観覧方法は?

東京国際映画祭2016のレッドカーペットについての詳細はまだ発表されていませんが、例年あまり変わらないようです。

というわけで2015年の情報をもとにまとめました。

日程

レッドカーペットがおこなわれる日程は、東京国際映画祭の初日になります。

2016年の東京国際映画祭の開催期間は2016年10月25日(火)からですので、2016年10月25日(火)にレッドカーペットがおこなわれる可能性が高いですね。

時間は入場開始が14時、レッドカーペットは15時〜19時頃までおこなわれるようです。

場所

レッドカーペットは昨年まではオープニングセレモニーのある、「六本木ヒルズアリーナ」に続くけやき坂通りでおこなわれていました。

東京国際映画祭2016のオープニングセレモニーは「EXシアター六本木」でおこなわれるとのことですので、変わる可能性もあります。

観覧方法

レッドカーペットの観覧自体は無料です。

ただし、整理券をゲットする必要があります。

整理券は昨年までは、10:30から六本木ヒルズアリーナ内の受付で配布されていました。

ですが、人が殺到するレッドカーペットには10:30に並びはじめても間に合いません。

朝6時に並んでも1番にはなれないほど混雑するので、少なくとも2時間前には並んでおきたいですね。

服装については特にドレスコードなどはありません。

カメラに写ってしまうかもしれないので、気になるようであれば少しおしゃれしていってもいいかもしれませんね。

大興奮のレッドカーペットですが、東京国際映画祭開催当日は大変混雑します。

押したり、長い時間独り占めすることのないよう、最低限のマナーは守って参加したいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?