日本三大祭としても有名な大阪天神祭を知っていますか?

日本でも屈指の盛り上がりをみせる、日本でも最大級のお祭りです。

関東や他の地方に住んでいる人も、名前くらいは絶対に聞いたことがあるかと思います。

なんといっても、大阪で1,000年以上続く伝統あるお祭りですからね。

大阪天神祭り2016年の日程と場所や行き方を先取りチェック

引用:天神祭総合情報サイト

実は天神祭は、大阪以外でもおこなわれているのですが、一番有名なのはなんといっても大阪天神祭りです。

今回は天神祭りの中でも最も有名な、大阪天神祭りの日程や開催場所についてまとめていきます。

大阪天神祭りの2016年の日程は?

日程は、2016年7月25日の月曜日となっています。

毎年7月24日に天神祭宵宮(よいみや)、その翌日の7月25日には、花火大会を含む天神祭本宮(ほんぐう)がおこなわれます。

★ 宵宮(よいみや)7月24日(金) ★
7:45 宵宮祭(よいみやさい)
8:50 鉾流神事(ほこながししんじ)
16:00~19:00 催太鼓氏地巡行(もよおしだいこうじちじゅんこう)
16:00 どんどこ船宮入り
16:30 獅子舞
★ 本宮(ほんみや)7月25日(土) ★
13:30 本宮祭
15:30 陸渡御(りくとぎょ)
18:00 船渡御(ふなとぎょ)
19:00〜21:00 奉納花火
22:00 還御祭(かんぎょさい)

※7月24〜25日の2日間は、終日で地車囃子(だんじりばやし)も響き渡ります。

スポンサーリンク




大阪天神祭りの天神祭奉納花火について

花火の打ち上げ時間は、7月25日(月)の19:00~21:00頃を予定しています。

約100隻の大船団のかがり火と、約4,000発の花火が打ち上げられる、天神祭り最後のビッグイベントです。

2015年は、130万人が訪れたスケールの大きな花火大会です。

ただし、近くで見るのは人混みの影響もあり、かなり困難となっています。

もし近場で見たいのなら、人が集まりだす17時よりも前に花火大会の会場に訪れて場所取りをしておきましょう。

目安としては16時くらいまでに、最寄り駅である「JR桜ノ宮駅西口」に到着しておくのがオススメです。

ただし、万が一雨天の場合は花火大会は中止となりますので、当日に電話等で確認しておくのがオススメです。

天神祭奉納花火が打ち上がる場所

川崎公園・桜之宮公園

お問い合わせ先

雨天時の確認等は下記の電話番号にお問い合わせください。

電話番号:06-6353-0025(大阪天満宮)

大阪天神祭りの場所、行き方、最寄り駅は?

目的地 大阪天満宮
住所 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目1−8

電車で行く場合は、地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」で下車してください。

車の場合は、環状線北浜出口を左へ出て、高速道路守口線下を左へ行ってください。

どちらで行くにせよ、お祭り当日はとんでもなく混雑しますので十分に注意してください。

大阪天神祭りは、日本三大祭りと言われるほどのお祭りです。

毎年楽しみにしている人も多いお祭りなので、興味のある人はぜひ一度見に行ってくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?