7月7日は七夕(たなばた)の日。

織姫が彦星に、年に1度だけ会える日という、なんともロマンチックな物語の日です。

そして、短冊をかざったり各地で七夕まつりが開催されたりと、日本ではにぎわいをみせるイベント日でもあります。

七夕に食べる食べ物はそうめんって知ってた?

七夕に食べる食べ物はそうめん

7月7日が七夕ということは、日本人なら誰もが知っている常識かと思います。

ですが、七夕に食べる食べ物がそうめんということは、おそらく多くの人が知りませんよね?

多分・・・

わたしは全く知らなかった情報ですし、聞いたこともありませんでした。

なぜなら、この風習が強く残っているのは仙台を中心とした東北地方だからです。

ですので、わたしの今住んでいる東京などでは全く聞かないのでしょう。

節分や土用丑の日、正月なんかは行事食としての食べ物もわかりやすいんですけどね。

そもそも七夕の季節でもある7月上旬だと、そうめんは市場でバンバン食べられている時期です。

しかも節分の恵方巻きや丑の日のうなぎと違って、そうめんはかなり身近な食べ物になっています。

ですので、「七夕に食べる定番の食べ物がそうめんです!」って言われてもピンと来ないんですよね。

ひな祭りのひなあられなどとも違って、そうめんは七夕シーズンだけ出回る食べ物でもありませんしね。

スポンサーリンク




そもそも七夕にそうめん食べるようになった由来は?

七夕にそうめんを食べるようになった由来は、今から1000年以上も昔の平安時代までさかのぼります。

七夕にそうめんを食べる由来

その頃は、索餅(さくべい)という中国から伝わった小麦粉と米粉をねった麺を食べていたそうです。

これが今でいうところの「そうめん」の原型になっている食べ物です。

そして、七夕の日に索餅(さくべい)を供えると病気にならないという、言い伝えがあったみたいですよ。

結構歴史が古い、由緒正しき行事食みたいですね。

せっかくなので七夕にはそうめんを食べませんか?

ここまで七夕に食べる食べ物はそうめんということをまとめましたが、せっかくなので今年の七夕の日にはそうめんを食べてみませんか?

最近はカラフルなそうめんもありますし、見た目的にも楽しめると思います。

個人的なオススメは、肉味噌そうめん。

これは、ピリ辛に炒めた合いびき肉に豆板醤、酒、みりんを加えて炒め、シャキシャキのきゅうりをのせたものです。

クックパッドで覚えた料理で、試して損はない絶品そうめんレシピですよ。

行事食を食べる機会は1年に1度しかないので、ぜひ七夕にそうめんを食べて、今年1年は病気知らずでいきましょう。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?