体育の日の由来はオリンピック?保育園児にもわかりやすく説明するために知っておきたいこと

2016年の体育の日は10月10日(月)です。

体育の日のあたりで運動会やスポーツイベントをおこなう、幼稚園、保育園、学校も多いのではないでしょうか?

なんとなく運動する日だよな〜って理解はあるけど、そういえば由来ってなんなんだろう?

いつか保育園に通う子どもに聞かれた時にもわかりやすく伝えられるようにまとめました。

スポンサーリンク




体育の日の由来にはオリピックが関係していた

体育の日の由来にはオリピックが関係していた

体育の日の由来ですが、実はオリンピックが関係しています。

現在は体育の日は「10月の第2月曜日」と法律で決められていますよね。

でも、1999年までは「10月10日」だったんです。

(たまたま今年(2016年)の体育の日が10月10日なのでちょっとわかりづらいですね。笑)

そして、この「10月10日」が実は初めて東京でオリンピックの開会式がおこなわれた日だったんです。

はじめて東京オリンピックがおこなわれたのは1964年です。

というわけで、東京でオリンピックがおこなわれた記念として、1966年から「10月10日」を「体育の日」として国民の祝日にすることに定められました。

保育園児に説明する時には「むかし、おりんぴっくがとうきょうであった日なんだよ」と伝えることにします。

(そもそもオリンピックが伝わるのかな・・・)

どうして10月の第2月曜日になったの?

体育の日が元々10月10日だった由来は、東京オリンピックだったということはわかりました。

でも、現在の体育の日は「10月の第2月曜日」です。

こうなってくるとなぜ体育の日が「10月の第2月曜日」になったのか?

その由来も気になりますよね。

2000年から体育の日は「10月の第2月曜日」になりました。

体育の日が「10月の第2月曜日」になった由来は「ハッピーマンデー制度」によります。

このハッピーマンデー制度というのは、簡単にいうと「祝日を月曜日するから連休を楽しく過ごしてね」という制度です。

大型連休にすることで、国民の消費を増やそうというもくろみもあるんだと思います。

なぜ、体育の日が「10月の第2月曜日」に変わったのかを、保育園児に伝える時は、「おやすみをながくしてたくさんあそべるようにするためだよ」と説明することにしましょうかね。

体育の日は晴れが多い?

体育の日が10月10日になった由来として、一節には「天気が晴れる日が多いため」という話もあるようですが、特別この日が晴れが多いということはないようです。

ただ、雨が振りにくい日というのは事実としてあるみたいで、過去10年は晴れか曇りで、雨は一度も降ってないそうですよ。

気温も涼しくなってきた頃なので、体育の日は天気の面でも、スポーツをする日としていいのかもしれませんね。


体育の日の由来まとめ

  • 体育の日は元々10月10日
  • 10月10日なった由来は1964年に初めて開催された東京オリンピックの開会式
  • 体育の日が10月の第2月曜日になった由来はハッピーマンデー制度
  • 体育の日の時期は雨があまり降らないのでスポーツする日として向いてる
  • 保育園児にオリンピックが伝わるのかは謎

体育の日は「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」という目的でさだめられている祝日です。

全国各地で体育の日にちなんだイベントもたくさん開催されてます。

> 体育の日はイベントへGO!2016年はあの有名選手も参加しますよ!

この機会に新たなスポーツにチャレンジしてみてもいいかも?

あ、パパさんママさん、運動前の準備運動は忘れずに。

ちなみに今度の東京オリンピックの開会式は7月24日の予定だとか。

何かまた新しい祝日ができたらいいなぁ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?