新型インフルエンザの潜伏期間や感染力は?

感染力が強く、一度発症したら大流行が心配される新型インフルエンザ。

新型インフルエンザは普通のインフルエンザとどう違うのでしょうか?

新型インフルエンザの潜伏期間や感染力は?

気になる新型インフルエンザについてまとめました。

スポンサーリンク




新型インフルエンザとは?

私たちが予防接種などで準備できる、一般的なインフルエンザは「季節性インフルエンザ」といいます。

季節性インフルエンザは毎年ウイルスが変わるものの、抗原性はあまり変わらないため、予防接種などで対策ができます。

対して「新型インフルエンザ」は季節性インフルエンザと抗原性が大きく違うインフルエンザのことです。

国民がかかったことのないインフルエンザのため、免疫がなくとても早いスピードで感染病がまん延する危険があります。

最近では、2009年にH1N1型のインフルエンザウイルスを、新型インフルエンザとして位置づけ、感染の拡大を防止するための対策がとられています。

新型インフルエンザは季節性インフルエンザと何が違う?

新型インフルエンザの症状は季節性インフルエンザとあまり変わりません。

ただ、新型インフルエンザのほうが下痢などの消化器症状がでる場合が多いようです。

また、現在確認されている新型インフルエンザは弱毒性のもので、季節性のインフルエンザよりも症状が軽い傾向にあります。

予防方法や検査、治療方法などは季節性インフルエンザと同じです。

新型インフルエンザの潜伏期間は?

新型インフルエンザの感染力は?

新型インフルエンザにも季節性インフルエンザと同じように、潜伏期間があります。

一般にインフルエンザの潜伏期間は1~3日で、長い時は1週間近く潜伏期間がある場合もあるようです。

潜伏期間があるため、季節性インフルエンザと同じように、インフルエンザの症状がでていなくても、他の人にインフルエンザウイルスをうつしてしまう可能性があります。

新型インフルエンザの感染力は?

新型インフルエンザは季節性インフルエンザに比べると、感染力が強いインフルエンザです。

誰も新型インフルエンザに対する免疫を持っていないので、すぐうつってしまい、次から次へと感染が広まりやすいのです。

感染ルートは季節性インフルエンザと同じで、くしゃみやせきによる飛沫感染、ウイルスが付着したものを触った手で口や鼻を触ることによる接触感染です。

国が発表している「新型インフルエンザ対策行動計画」によると、もし、新型インフルエンザが大流行した場合、日本人口の25%が新型インフルエンザに感染すると言われています。


新型インフルエンザは、感染力が非常に強いインフルエンザです。

今のところ2016年の流行については発表されていません。

基本的な対策は季節性インフルエンザと同じです。

日頃から衛生管理に気をつけて備えたいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?