夏バテの症状の代表といえば、吐き気や頭痛、食欲不振が思いつくでしょう。

ですが夏バテの辛い症状はそれだけではありません。

様々な症状が、夏の暑さで疲れた体を苦しめることになります。

今回は、そんな夏バテの症状を知り、夏バテの原因や対策などについても紹介します。

夏バテの症状は吐き気や頭痛、食欲不振だけではない

夏バテの症状一覧

夏バテとは、夏の暑さによって自律神経が乱れておこる様々な症状のことをいいます。

暑さ負けや夏負けと呼ばれることもありますが、夏バテになると下記のような症状に見舞われます。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 全身の疲労感
  • 無気力になる
  • 食欲不振
  • 眠気
  • 下痢
  • イライラする
  • 便秘
  • 微熱
  • めまい
  • ふらつき

吐き気や頭痛、食欲不振は代表的な症状かと思いますが、下痢や便秘などは夏バテが原因とは気づいていない人も多いかと思います。

他にも様々な症状があらわれる人もいますが、基本的には自律神経が乱れることによって起こる症状です。

※ 自律神経には、活動時や昼間に活発な交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2つがあります。

2つの神経は常にバランスを保っていて、バランスがくずれることで自律神経失調症にもなりえます。

スポンサーリンク




夏バテになりやすい人はこんな人

夏バテになりやすい人は、ズバリ自律神経の元々乱れやすい人、もしくは自律神経が乱れる生活ばかりしている人です。

自律神経とは、体のあらゆる機能のバランスをとる神経ですが、ちょっとしたことですぐに崩れてしまいます。

体が弱い自覚のある人は、特にお気をつけください。

夏バテになる原因と対策とは?

夏バテになる原因は多くありますが、よくあるのはエアコンの使いすぎによる温度差です。

これが一番多いでしょう。

毎日暑い日が続くと、どうしてもエアコンをつけっぱなしで寝たり、日中はずっとエアコンをつけているという環境に慣れてしまいます。

ですがエアコンの使いすぎは、体温調整機能を弱めてしまい、自律神経が乱れる原因となります。

エアコンを使うこと全てが悪いわけではありませんが、十分に注意しつつ利用してください。

出来れば、下記の使い方を実践すると、夏バテにもなりにくいされています。

  • 冷房は28度以上に設定して、外となるべく同じ温度にする。
  • 除湿でも十分に涼しいので除湿中心で過ごす。

現実的には難しいかもしれませんが、室内と室外の温度差は3〜4度以内が理想とされています。

また、冷たいアイスやジュースを飲みすぎないことも、立派な夏バテ対策です。

夏は体温を下げる食べ物や飲み物ばかり口にしがちです。

だからこそ、あえて温かいスープを飲んで体温を下げないようにするのも、立派な夏バテ対策となりますよ。

良かったら実践してみてください。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?