愛知県の瀬戸市で開催される瀬戸物祭りをご存知ですか?

今年で85回目をむかえるお祭りで、約50万人の人が集まる、瀬戸市では最大のお祭りです。

瀬戸焼が有名で、全国から多くの人が集まってきます。

瀬戸物祭りといえば、せともの大廉売市という瀬戸焼を格安で購入できるのが目玉イベントですが、花火も打ち上がるお祭りなんです。

瀬戸物祭り2016年の花火情報について

引用:JAPAN BOOK

規模はそこまで大きくありませんが、子ども〜お年寄りまで楽しめるように配慮された花火大会なので、家族で行っても楽しめますよ。

今回は、瀬戸物祭りの花火情報について紹介しますので参考にしてみてください。

瀬戸物祭り2016年の花火大会の日程や場所

瀬戸物祭り2016年の日程や場所などの基本情報は下記の通りです。

祭り名 第85回 せともの祭
花火の打上予定数 約800発
出入り人数(来客数) 約45万人(祭り全体)
開催日程・時間 2016年9月10日(土) 19:10~19:50
花火大会の会場・場所 尾張瀬戸駅付近
雨天時の対応 小雨なら決行
駐車場 2300台の無料駐車場あり。
・瀬戸市役所
・瀬戸商工会議所
・本山中学校
・陶原公民館
・水無瀬中学校
・文化センター
・野球場
・窯神グラウンド
・深川小学校
交通・アクセス ・名鉄瀬戸線の尾張瀬戸駅を出てすぐ。
・東海環状道せと赤津ICから北西へ車で5分。
有料席 なし
問い合わせ先 0561-82-3123:大せともの祭協賛会(瀬戸商工会議所内)

スポンサーリンク




瀬戸物祭り2016年の花火大会の見どころ

瀬戸物祭りの花火大会は、短時間で打ち上がる小規模な花火大会です。

ですがそのぶん、お祭り会場にいれば何処からでも花火を見ることが出来ます。

会場全体が穴場のような感じですが、尾張瀬戸駅が打ち上げ会場のすぐ側なので、近づきすぎないように注意が必要です。

特に小さなお子さんと一緒の場合は気をつけてください。

また動画を見ればわかりますが、ドラえもんやちびまる子ちゃんといった、キャラクター花火も打ち上がります。

可愛いキャラクター花火に、連続で打ち上がる花火は、小規模ながらも子どもにウケの良い花火大会だと思います。

ちなみに、瀬戸川の水面に映る花火がきれいと評判なので、川沿いから見るのがオススメです。

ただし注意点として、瀬戸物祭りでは日に1日は雨が降るというジンクスがあります。

過去に土砂降りになったこともあるそうなので、お祭り会場に行くさいは折り畳み傘を持って行くと安心ですよ。

お祭りも瀬戸焼も花火も全部楽しんで、いい思い出を作ってきてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?