西条祭りはきんもくせいの香りと共に。西条市民が愛する西条祭りとは?

愛媛県西条市でおこなわれる秋の西条祭り。

地元西条では、きんもくせいが咲くころ西条祭りがやってくると親しまれるお祭りです。

スポンサーリンク




西条祭りは80台ものだんじりや神輿が登場する秋祭り

西条祭りは愛媛県西条市でおこなわれる秋祭りのこと。

江戸時代から300年も続く祭りで、毎年10月に開催されます。

西条祭りでは4つの神社の例祭がおこなわれるのですが、なかでも代表的なのが伊曽乃神社例大祭(いそのじんじゃれいたいさい)です。

西条祭りの中で一番大きなお祭りで、80台ものだんじりや神輿が登場する、豪華絢爛なお祭りです。

地元市民の中には西条祭りのために生きているという者もいるほど。

祭りを愛し心から楽しみにしているのが伝わる、そんな熱気あふれる祭りを目にすることができます。

こちらは西条祭り最大の見どころとも言える、2010年の川入の様子です。

川の中にたくさんのだんじりが並び、たくさんの提灯があたりを照らします。

他では見ることができない、迫力がありキレイな光景ですね。

きんもくせいの香りと西条祭りの関係

きんもくせいの香りと西条祭りの関係

引用:巡るめく四国 

「きんもくせいの香りにのって西条祭りがやってくる」と親しまれるほど、西条祭りときんもくせいには深い関係があるそうです。

その起源は、愛媛県西条市にある王至森寺(おしもりじ)にあります。

王至森寺には、日本一の大きさと言われたきんもくせいの木があります。

王至森寺のきんもくせいは、毎年10月になると美しい赤黃色の花を咲かせ、かぐわしい香りをただよわせます。

その香りは2km四方にまで届くといわれ、環境省の「かおりの風景百選」に選ばれています。

王至森寺のきんもくせいの香りは西条の人々に、秋と西条祭りのおとずれを知らせます

それだけ西条の町に、王至森寺のきんもくせいと西条祭りは根付いているということなのでしょうね。

西条祭り2016の日程は?

西条祭りは毎年同じ日におこなわれます。

2016年の日程も同じですので、下記を参考にしてくださいね。

  • 嘉母神社祭礼:2016年10月10日〜10月11日
  • 石岡神社祭礼:2016年10月14日〜10月15日
  • 伊曽乃神社祭礼:2016年10月15日〜10月16日
  • 飯積神社祭礼:2016年10月16日〜10月17日

見どころの多い西条祭りですが、特に川入りは圧巻ですよ。

ぜひ一度おとずれてみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?