龍勢祭り2016のプログラムは?有料席や無料席の購入方方法は?

引用:りこ姫のBikeで行っちゃう??

2016年の龍勢祭りは10月9日(日)に開催されます。

プログラムが発表されたので、気になるプログラムや有料席、無料席の購入方法などについてまとめました。

スポンサーリンク




27流派の龍勢が秋空を舞う龍勢祭り

龍勢祭りは埼玉県秩父市下吉田で行われる手作りロケット花火のお祭りです。

伝統的な手法で作られたロケット花火はまるで龍のように勢いよくのぼり、舞い落ちていくさまから「龍勢」と呼ばれるようになりました。

龍勢の製造には27の流派があり、毎年約30数本の龍勢が天高く、秩父の空を舞います。

27の流派はそれぞれ継承された作り方があり、真心こめてつくられた龍勢はどれも個性的です。

下記が流派の一覧です。

プログラムで流派を確認し、流派の違いによる龍勢の違いを楽しむのも面白いですよ。

  • 愛火雲流(あいかうんりゅう)
  • 浅間雲流(あさまうんりゅう)
  • 櫻龍会(おうりゅうかい)
  • 開進流(かいしんりゅう)
  • 開祖昇雲流(かいそしょううんりゅう)
  • 貴源雲流(きげんうんりゅう)
  • 巻雲流(けんうんりゅう)
  • 巻神流(けんしんりゅう)
  • 源流会(げんりゅうかい)
  • 高雲流(こううんりゅう)
  • 高雲美流(こううんびりゅう)
  • 光和雲流(こうわうんりゅう)
  • 秋雲流(しゅううんりゅう)
  • 新雲流(しんうんりゅう)
  • 笑和雲流(しょうわうんりゅう)
  • 上蹴翔舞流(じょうしゅうしょうぶりゅう)
  • 城峰瑞雲流(じょうみねずいうんりゅう)
  • 青雲流(せいうんりゅう)
  • 東雲流(とううんりゅう)
  • 藤舞流(とうぶりゅう)
  • 白雲流(はくうんりゅう)
  • 日の本流(ひのもとりゅう)
  • 美峯雲流(びほううんりゅう)
  • 武甲雲流(ぶこううんりゅう)
  • 舞天流(まいてんりゅう)
  • 翼天飛流(よくてんひりゅう)
  • 与五郎流(よごろうりゅう)
  • 龍勢祭り2016のプログラム

龍勢祭り2016のプログラムは?

2016年の龍勢祭りでは全部で30本の龍勢が打ち上げられます。

8:40に上蹴翔舞流の「いざ行け桃太郎 〜前へ前へ突き進め〜」から打ち上げられます。

注目はアニメ・マンガとコラボしている、9:40の城峰瑞雲流「キャプテン翼・南葛SC、目指せJリーグ!」と13:00の巻神流「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でしょうか。

12:30の高雲流「祝 金婚式大場夫婦 末長く、「ただおちゃん・まこちゃん」号」という龍勢もあり、祝い事の記念として龍勢をあげる方もいて、ほっこりしますね。

2016年龍勢祭りのプログラムは龍勢会館や龍勢祭り当日の祭り会場本部席で配布されていて、公式ホームページでもチェックできます。

龍勢祭り2016のプログラムにはスタンプラリーも!

龍勢祭り2016のプログラムにはスタンプラリー企画もついています。

龍勢祭プログラム内のスタンプラリー押印欄に3ヶ所のスタンプを集めると、抽選で50名に「吉田龍勢保存会特製マグカップ」が当たるそうです。

スタンプ台があるのは龍勢会館、椋神社社務所、龍勢説明特設コーナーの3ヶ所。

ぜひ参加してみてくださいね。

龍勢祭り2016の有料席や無料席について

龍勢祭りには有料席と無料席があります。

一般で買えるのは有料(民間)という席になり、ベストポジションから龍勢の打ち上げを見ることができ、ゲストも近くで見えるのでオススメです。

料金は3,000円(1〜2人)〜12,000円(6〜8人)で、広さによって変わります。

購入方法ですが、残念ながら今年の有料(民間)の観覧桟敷席はすでに完売していますが、キャンセルがあった場合に限り、龍勢祭り当日の「有料桟敷観覧席案内所」で先着順で販売されるようです。

無料観覧席は当日先着順です。

龍勢祭りでは有料席、無料席エリア以外の場所で座って観覧することは禁止されていますので、ゆっくり観覧したい方は早めに龍勢祭り会場へ向かうことをオススメします。

座布団などを持っていくと快適に観覧できますよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?