お歳暮の時期はいつ?関西と関東の違いは?

お世話になった人に「感謝の気持ち」と「これからもよろしく」の意味をこめて贈るお歳暮。

実は関西と関東など、地域によって贈る時期が違うのをご存知ですか?

関西、関西のお歳暮の贈る時期は?

お歳暮の時期を過ぎた時は?

お歳暮ののしについてなど、お歳暮の気になる疑問におこたえします。

お歳暮を贈る時期はいつ?

お歳暮の時期は、文字の通り年の暮れ。

平均的なお歳暮を贈る時期は関東のみ10日ほど早く、その他の地域は12月10日すぎに贈るところが多いようです。

沖縄のような、旧暦でお正月をおこなう習慣が残っている地域では、年があけたお正月までお歳暮の時期となるようです。

北海道・東北 12月10日〜12月20日頃
関東 12月1日〜12月20日頃
北陸・東海 12月10日〜12月20日頃
関西・近畿 12月10日〜12月20日頃
中国・四国 12月10日〜12月20日頃
九州 12月10日〜12月20日頃
沖縄 12月20日〜正月

スポンサーリンク




お歳暮の時期を過ぎた時は?

関西や関東へのお歳暮は遅くとも12月25日頃までには届くようにしましょう。

年末の慌ただしい時期に重なってしまうと、逆に迷惑になってしまうからです。

また、年末は帰省する人も多いので、受け取ってもらうことができない可能性もあります。

ただし、数の子など、お正月に食べるようなおめでたい生鮮食品の場合は、25日ギリギリに贈るほうがよいでしょう。

お歳暮ののしの表書きは?

お歳暮ののしの表書きは?

お歳暮の時期ののしは「お歳暮」と書いたものを用います。

12月31日を過ぎて贈る場合は、お歳暮ではなく「御年賀」の表書きを用いましょう。

関東では1月8日から2月4日まで、関西では1月16日から2月4日までは「寒中御見舞」の表書きを使用します。

12月31日を過ぎて喪中のご家庭に贈る時は、関東では1月8日以降、関西では1月16日以降に「寒中御見舞」の表書きにして贈りましょう。


お歳暮ののしは外のし?内のし?

包装紙で包んだ上からのしをかけることを「外のし」、のしをかけてから包装紙で包むことを「内のし」といいます。

お歳暮は正式には「外のし」です。

しかし、宅急便で送ることも多い現代では、持参するときは「外のし」、宅急便で配達してもらう時は「内のし」が一般的なようです。

お歳暮の時期は早まっている?

本来、お歳暮は正月の準備を始める事始めの日とされる12月13日から贈るものでした。

しかし現在では12月10日から贈る地域が多く、首都圏などでは12月1日や11月末頃に贈る人もいるなど、お歳暮の時期が年々早まっているそうです。

理由はデパートの「お歳暮商戦」の開始が年々早くなっていることや、年末をゆっくり過ごすためにお歳暮を早めるご家庭が増えたためと言われています。


両親や親類、会社の上司などに贈ることが多かったお歳暮ですが、現在では仲のいい友人や同僚に贈ることも増えています。

形式にとらわれず、気軽に感謝の気持ちを伝えられる行事になってきているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?