お歳暮のお返しはいつまでに?金額相場は?

お歳暮は基本的にお返し不要。

でも関係性によってはお返ししたい、という場面もあるのではないでしょうか。

お歳暮のお返しをしたい時にはどうしたらいいの?

いつまでにお返しをすればいい?

お歳暮のお返しに関する疑問をまとめました。

スポンサーリンク




お歳暮のお返しは必要?

まず上記でも書いたとおり、お歳暮のお返しは必ずしなくてはいけないというものではありません

本来、お歳暮はお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈るもの。

そのため、受け取り、お礼を伝えることが相手へのマナーとなるのです。

お歳暮のお返しの代わりにお礼状や電話で気持ちを伝えよう

お歳暮のお返しは基本的に必要ありませんが、お歳暮をいただいたことへの感謝は伝えるべきでしょう。

お礼状を書いて送るのが一般的なマナーになります。

親族など親しい間柄なら電話でも問題ありません。

自分の言葉でその年お世話になったことへの感謝を伝えましょう。

会社など、法人でお礼状を書く時はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

>お歳暮のお返しは必要?マナーは?会社に届いた時は?

お歳暮のお返しをしたい時は?いつまでに贈る?

お歳暮のお返しをしたい時は?いつまでに贈る?

とはいえ、お付き合いの程度によってはお返しをしたい時もあると思います。

もしお返しをしたい時は、まずお歳暮をいただいたことのお礼状を送りましょう

お礼状には「別便にて心ばかりの品をお送りしました」などと書き添えます。

ポイントは年末年始は避けてお返しを贈ること。

慌ただしい時期に贈っては、逆に迷惑になってしまう可能性があります。

関東なら年明けの1月8日以降、関西なら1月16日以降に届くように贈るのが良いと思います。

この時期のお返しの品ののしは「寒中御見舞」を用いましょう。

お歳暮のお返しをする時の金額相場は?

お歳暮のお返しの品を贈る時は、いただいた品と同金額程度のものを贈ります。

いただいた物より高価なものを贈ってしまうと、「今後お歳暮を送らないで」ととられる場合もありますので注意が必要です。


お歳暮のお返しを贈る時は、金額や贈るタイミングに注意して贈るようにしたいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?