秋のお彼岸には、おはぎを行事食として食べるのが定例です。

ですが、なぜ秋のお彼岸におはぎを食べるのかを知ってますか?

今回はなぜ秋のお彼岸おはぎを食べるのかを、おはぎとぼた餅の違いや、歴史からまとめてみました。

なんとなく気になっていても知らない人が多いと思うので、チェックしてみてくださいね。

秋のお彼岸ではおはぎをなぜ食べるのか?おはぎとぼた餅の違い

なぜ秋のお彼岸におはぎを食べるのか?

まずおはぎと言えば、昔は完全に高級食でした。

9月に収穫したばかりの小豆を使い、大事な日に食べるものだったんです。

甘いものを食べる機会のなかった昔の人からすれば、おはぎは本当に特別な日にしか食べられないものだったんですよ。

おはぎは本当に特別な日にしか食べられない

だからこそ、お彼岸という特別な日に食べるものとして根付いたのでしょう。

そしておはぎといえば、もち米とつぶあんを使います。

お餅は、日本人にとっては豊穣や子孫の繁栄を象徴する、昔からの大切な食べ物です。

そしてお餅を包むあんこは、小豆から作られています。

あんこは色でいうと紫にも見えますが、赤色にも近い色をしていますよね?

赤は中国では魔除けの意味も持っている色で、昔から特別な色として周知されています。

中国人向けに赤色の炊飯器を作っているのは知っている人もいるかもしれませんが、それだけ中国人にとっての赤色は大切な色ということです。

お彼岸の文化は中国がルーツなのですが、それが日本式に変わったものでもあります。

だからこそ特別な日であるお彼岸には、おはぎを食べるとされています。

また、おはぎといえばつぶあんですが、これは秋に咲く花に見立てられているとされています。

ですので、春のお彼岸では牡丹に見立てたこしあんを使い、秋のお彼岸には荻の花に見立てられたつぶあんが使われるのです。

とはいっても、おはぎとぼた餅は基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけです。

今となっては年中おはぎを提供するお店も多いですが、本来はそういった意味や理由があるのです。

スポンサーリンク




年に2回しかないお彼岸はおはぎを食べるチャンス

年に2回しかないお彼岸は、おはぎを食べるチャンスでもあります。

おはぎ好きや甘党にはたまりませんよね。

おはぎを食べまくる機会なんて、そうそうありませんからね。

ですが、もちろんお彼岸の本来の意味は、おはぎを食べることではありません。

しっかりご先祖様のお墓参りをして、供養をしてあげることが大切です。

もちろんお墓参りの際は、おはぎを持参していってくださいね。

食べるだけでなく、しっかりお供えもすることが大切ですよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?