新居浜太鼓祭りの見どころの一つにもなっている喧嘩ですが、特に見どころになるのが西町 vs 東町の喧嘩です。

2015年は西町が不参加だったことによって、見れなかった両地域の喧嘩ですが、2016年は見れるのではないか? と期待されています。

新居浜太鼓祭りは、愛媛県の新居浜市でおこなわれるのですが、意外にも荒々しい県民性なので、そのお祭りの喧嘩は迫力満点です。

2016年は新居浜太鼓祭りの西町 vs 東町の喧嘩は見れる?

引用:新居浜太鼓祭り2013

新居浜太鼓祭の西町 vs 東町の喧嘩は因縁がある

新居浜太鼓祭りで喧嘩が頻繁におこるのは、伝統的行事のパフォーマンスということが第一にあります。

ですので西町と東町の太鼓台がはち合わせた場合は、当然ながら喧嘩となります。

しかし喧嘩が起こる原因はそれだけではありません。

新居浜太鼓祭りにおいて、西町と東町には大きな因縁があるのです。

1993年に東町自治会館襲撃事件があり、1997年には観客将棋倒しによる死亡事故がありました。

さらに2009年にも死亡事故が発生しています。

その後も2012年に東町が西町に喧嘩をしかけて、東町が運航停止処分。

そして2014年には両地域が大揉めする大喧嘩となり、両地域の太鼓台が処分される事態に発展しました。

両地域は1年間の停止処分となりましたが、その後に西町が「かき棒」を延長させる金属製アタッチメントを付けて、東町に喧嘩を仕掛けました。

そのせいで、西町のみが2015年の新居浜太鼓祭りに参加できず、喧嘩のはじまらないまま2015年は終わりました。

しかしその分、2016年には2年の期間をおいての西町 vs 東町の大喧嘩が確実視されています。

盛り上がるのは確実で、喧嘩の規模も相当なものになるでしょう。

スポンサーリンク




新居浜太鼓祭り西町 vs 東町の喧嘩は本当は禁止

2016年のお祭りは想像を絶すると予想していますが、本来は新居浜太鼓祭りでの喧嘩は禁止されています。

警察隊や機動隊も年々増え、運営側も神経をとがらせています。

しかしそれでも、喧嘩は毎年必ず発生します。

特に西町と東町は因縁も強いので、両地域の喧嘩を回避するのは不可能です。

新居浜太鼓祭り西町 vs 東町の喧嘩はインターネットでも見れる

新居浜太鼓祭りは、近くで見るには結構危険なお祭りです。

そこで、インターネットでも祭りの中継を見れるようにもなっているそうです。

新居浜太鼓祭り西町 vs 東町の喧嘩はインターネットでも見れる

地方のケーブルテレビであるハートネットワークでは、地域内外でお祭りが視聴できます。

テレビだけでなく、スマホにもインターネット経由で配信されるので、小さなお子さんと一緒に、家族で見ることも可能です。

怖いけど、どうしても見たいという人にとっては、インターネット中継で見るのもアリだと思います。

もちろん間近で見る迫力にはかないませんが・・・

怖いけど見てみたい人も多い新居浜太鼓祭り。

興味のある人は是非見に行ってみてください。

2016年の日程は、10月16日(金)〜18日(日)と完全に休日なので、比較的見に行きやすいかと思いますよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?