七草って?七草がゆを食べる意味は?(レシピ付)

正月明けの1月7日の朝には、七草(ななくさ)という風習があるのをご存知でしょうか。

地域によって食べるものが異なる七草。

今回は一般的な七草の種類や七草がゆを食べる意味についてまとめていきます。

スポンサーリンク




七草(ななくさ)とは?

七草とは、1月7日の朝に七種の野菜が入ったおかゆを食べる風習のことを言います。

七種の野菜は主に下記になり、これらの野菜を刻んだものを入れたおかゆを七草がゆといいます。

  1. セリ
  2. ナズナ
  3. ゴギョウ(ハハコグサ)
  4. ハコベラ(コハコベ)
  5. ホトケノザ(コオニタビラコ)
  6. スズナ(カブ)
  7. スズシロ(ダイコン)

七草がゆを食べる意味は?

七草は江戸時代から定着したものです。

七草がゆを食べる習慣は縁起をかついだもので、早く芽吹くことから邪気をはらうという願いや、豊作を願って食べられるようになりました。

さらに、ビタミンが豊富な薬草と胃腸に負担がかからないおかゆを食べることで、栄養をおぎない、胃を休めるという意味もあったようです。

七草がゆの基本のレシピ

七草がゆの基本のレシピ

七草がゆはおかゆを作り、刻んだ七草を加えるだけで簡単に作ることができます。

七草のすがすがしい香りと塩のみの味付けなので、さっぱりとしていて食べやすいおかゆになりますよ。

お好みでだしを加えても美味しく出来上がります。

材料(4人分)

  • 米 1合
  • 水 900ml
  • 七草 適量
  • 塩 少々
  • 白ごま お好みで
  • 黒ごま お好みで

作り方

  1. 鍋にといだ米と水を入れる。火にかけ沸騰したら弱火にし30~40分ほど炊く。
    途中ふきこぼれそうになったら、蓋をずらして蒸気を逃がしてください。
  2. おかゆが炊き上がる5分前に、塩と刻んだ七草を加え混ぜる。
  3. おかゆが炊きあがったら器にもり、白ごまと黒ごまをお好みでいれる。

参考レシピ:https://www.kikkoman.co.jp/

七草がゆに使う七種は、スーパーでセット売りされているものを買うと便利です。

お正月の食べ過ぎや濃い味付けで疲れてしまった胃を、七草がゆでリセットしましょう。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?