長崎くんちのコッコデショは庭先回りでも見れる!コースはマップでチェック!

引用:旅と地球とポレポレと

長崎県の様々な伝統芸能を楽しむことができる長崎くんち。

2016年の長崎くんちでは数年に一度しか見ることができない「コッコデショ」を見れるということで、更に注目度が高い秋祭となっています。

チケットを手に入れることができなかった方も、庭先回りでなら無料で「コッコデショ」を見ることができるかもしれません!

スポンサーリンク




2016年の長崎くんちの注目は上町コッコデショ

2016年も例年どおり、10月7日〜9日に長崎県長崎市で長崎くんちがおこなわれます。

2016年の催し物と参加踊町は下記となっています。

上町 傘鉾・上町コッコデショ(うわまちこっこでしょ)
筑後町 傘鉾・龍踊(じゃおどり)
元船町 傘鉾・唐船祭(とうせんまつり)
今籠町 傘鉾・本踊(ほんおどり)
鍛冶屋町 傘鉾・宝船・七福神(たからぶね・しちふくじん)
油屋町 傘鉾・川船(かわふね)

2016年は6つの踊町が参加します。

そして、披露される伝統芸能の中でも、2016年の注目はやっぱり「上町コッコデショ」ですね!

コッコデショは今までひとつの踊町でしか奉納しておらず、本来7年に一度しか見れない貴重な芸能なのです。

でも、2016年は上町がコッコデショをはじめて奉納するとのことで、期待が高まっています!

コッコデショを会場で見れなかった時は庭先回りで見よう

長崎くんちを会場で見ようと思ったら桟敷券という有料のチケットが必要です。

例年売り切れが早いのですが、2016年は上町コッコデショの初お披露目ということもあってか、ほとんどの会場でチケットが売り切れてしまっています。

でも安心してください。

長崎くんちには「庭先回り」というのがあって、コッコデショを無料で見ることもできるんです!

庭先回りとは?

庭先回りは諏訪神社などの会場でコッコデショをはじめ、各芸能をお披露目している時以外の空いている時間に、長崎市内を巡って演し物を披露することです。

各町内に福をおすそ分けする意味があるそうですよ。

庭先回りならお金はかからず、コッコデショをはじめ、各伝統芸能を無料で見ることができます。

庭先回りマップを手に入れよう!

コッコデショが会場以外でも見れることはわかりました。

でも、庭先回りのコースがわからなければ、見逃してしまうかもしれませんよね?

そこで役立つのが「庭先回りマップ」です!

庭先回りマップは3日間の庭先回り予定や地図をまとめたもので、庭先回りマップがあれば庭先回りを追っかけることも可能です。

庭先回りマップは長崎駅やバスターミナルや長崎くんちの案内所で手に入れることができます。

長崎くんちの公式ホームページでも公表されるとのことですので、庭先回りを見たい方は必ず手に入れましょう。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?