お月見といえば、丸くて白い月見団子を食べながら、キレイな満月を眺めるイベントですよね。

日本でも古くから続く伝統的な行事で、元々は中国から伝わったとされています。

東京に来てからはやらなくなりましたが、田舎に住んでいた頃は団子も食べれるし楽しみな行事の一つでした。

2016年のお月見の時期はいつ?

今回は、2016年のお月見の時期はいつなのかをまとめます。

お月見には、十五夜と十三夜の2つがありますので、両日の時期がいつなのか?とともに、お月見時期に関する雑学も紹介していきます。

スポンサーリンク




2016年のお月見の時期はいつ?

お月見とは、旧暦の8月15日と旧暦の9月13日におこなわれる、月を眺める行事です。

旧暦8月15日の月を「十五夜」、もしくは「中秋の名月」、「仲秋の名月」と呼びます。

今は十五夜と呼ぶのが一般的かと思います。

そして旧暦9月13日の月を「十三夜」と呼びます。

旧暦の8月15日と9月13日は、当然ながら現在とは日にちも違っているので、毎年日にちが変わります。

ちなみに2016年のお月見の日は、下記の通りです。

  • 十五夜:2016年9月15日
  • 十三夜:2016年10月13日

ただし、旧暦は月の満ち欠けで日付を決めるので、この両日で必ず満月が見れるとは限らないようです。

正しくは、満月の確率が高い、満月に近い形の月が見れる日ということです。

ですので、満月の日がお月見から数日程度前後することは珍しくないようです。

ちなみに国立天文台のデータによれば、2016年の満月が見れる日程は下記のようになります。

十五夜の満月 2016年9月17日 (土) 04:05
十三夜の満月  2016年10月16日 (日) 13:23

2016年のお月見では、十五夜は2日遅れ、十三夜は3日遅れで満月が見れるようです。

とはいっても、せっかくなので9月15日と10月13日にお月見するのが縁起も良さそうですけどね。

これが2015年のお月見の時の動画のようですが、十分にキレイな満月に見えますね。

ちなみに、十五夜と十三夜のどちらか片方しか月を見ないことを片見月と呼びます。

昔の人は、片見月をは縁起が悪いこととしていたそうですよ。

お月見の正確な日すら把握していないレベルだったので、完全に初耳でした。

まぁここまで厳密にお月見をしている人は、ほとんどいないでしょう。

ですが、縁起を担ぎたい人は両日とも見るのがオススメです。

しっかりメモを取っていないと忘れてしまいそうなので、もう一度紹介しますが、2016年のお月見の時期は、9月15日が十五夜。

10月13日が十三夜となっています。

思い出づくりや縁起かつぎがしたい人は、お月見鑑賞を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?