9月の日本伝統の行事といえば、何をイメージされますか?

わたしは月見団子を食べながら満月を見る、十五夜のお月見をイメージします。

なんとなく風情があっていいですよね。

お月見と月見団子の由来や意味について

ただし、なんでお月見に月見団子を食べるのか? その意味や由来まで知っている人は少ないですよね。

さらにお月見に関する由来や意味についても、知らない人だらけです。

今回はそんなお月見と、月見団子の由来や意味についてまとめました。

お月見の由来と意味

お月見は縄文時代にその原型がありましたが、当時は月をめでるだけのものでした。

元々は中国から伝わってきた風習とされています。

それを貴族が取り入れて、月を見ながら宴を始めたのが現在のお月見の形に近いとされています。

それが庶民に広まり、収穫の時期と重なっていることもあり、豊作祈願や収穫への感謝も込めた行事となりました。

今は深夜でも明かりだらけですが、昔は今のように電気はありません。

しかも農作物の収穫をする時は作業が夜遅くまで続くので、月明かりは貴重だったんです。

だからこそ、月に感謝をするという風習が生まれたのは、自然なことかもしれませんね。

スポンサーリンク




月見団子の由来と意味

お月見の日に団子を供える習慣は、江戸時代から始まったとされる記録がのこっています。

その記録は、江戸時代後期の風俗記録である守貞漫稿にあり、十五夜の日は江戸では球形、京阪ではサトイモの形をした、月見団子を供えていたようです。

そして、お月見の時には収穫物の代表である米を使って、月に見立てた月見団子を作ったと言われています。

月見団子の由来や意味

さらに月見団子には、「収穫への感謝とこれからの豊作」を祈るという意味も込めていてます。

またお月見にはセットでススキがそえられるのが定番ですが、こちらは魔除けや依り代(よりしろ)として供えられています。

本来は稲穂をかざるべきですが、お月見の時期には稲穂の準備ができないので、代わりにススキを供えるのです。

また秋には里芋が収穫されますが、十五夜のお月見には、里芋をお供えする地域もあります。

お月見の細かい事情に関しては地域差がありますが、最近ではお団子だけの場合が多いですよ。

ちなみに、月見団子の数にも2つの説があります。

1つは、1年で見れる満月の数に由来した12個の月見団子を供える説です。

もう1つは、十五夜は15個の月見団子、十三夜は13個のお月見団子を供えるという説です。

お月見は古くから日本人の生活に根付いている風習です。

今となっては農作物に感謝するという意味合いは薄れていますが、深い意味と由来のある行事なんです。

今年はお月見の由来や意味なども考えながら月を見るのも、今までとは少し変わったお月見になって良いかもしれませんね。

ただし縁起も悪くなるので、お供えしたお月見団子は、残さず食べるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?