妊婦はインフルエンザに要注意!予防接種や抗インフルエンザ薬は使ってOK?

妊婦がインフルエンザにかかると、おなかの赤ちゃんへのリスクも心配ですよね。

妊娠前と同じように、インフルエンザの予防接種や抗インフルエンザ薬を使っても、大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク




妊婦はインフルエンザに要注意!

妊娠中は妊娠していない時に比べ免疫力が弱くなります。

つわりのひどい時期の妊婦は、さらに体力が低下します。

そのため、妊婦はインフルエンザにかかると重症化したり、合併症を引き起こすケースもあり、注意が必要です。

赤ちゃんへの影響については、基本的にインフルエンザウイルス自体が赤ちゃんに影響を及ぼすことはないとされています。

しかし、インフルエンザにより母体が重症化すれば、赤ちゃんに影響を与えてしまうことがあります。

妊婦の時は、インフルエンザにかかってしまったとしても、早期に直すことが大切です。

妊婦でインフルエンザの予防接種はしても大丈夫?

インフルエンザ予防接種の副作用はいつからでる?

インフルエンザの重症化を予防する対策として効果的なのは、インフルエンザの予防接種です。

「妊婦でインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫なの?」と心配な人もいると思います。

インフルエンザワクチンは不活性ワクチンと呼ばれるもので、重い副作用は起きにくいワクチンです。

国立成育医療研究センターでも、妊娠中のすべての時期において安全であるとされています。

妊娠初期であっても同様だそうです。

インフルエンザワクチン接種による赤ちゃんへの悪影響も、今のところ報告されていません。

妊婦であれば、副作用よりも重症化になるリスクのほうが高いため、予防接種は有効なインフルエンザ対策といえるでしょう。

妊婦がインフルエンザに感染してしまった時は?

インフルエンザの予防接種を受けていても、インフルエンザワクチンに感染する可能性はあります。

妊婦でインフルエンザにかかってしまったら、すぐにかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

妊婦の場合も一般の治療法と同じで、抗インフルエンザ薬を処方されます。

インフルエンザの発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬を飲むことで、インフルエンザの重症化を防ぐことができます。

抗インフルエンザ薬を服用した場合でも、赤ちゃんへの影響はないとされています。


妊婦だからこそ、インフルエンザの予防対策は必要です。

日頃から部屋を加湿したり、栄養バランスや睡眠不足に気をつけながら、インフルエンザにかからないようにしたいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?