海の日が毎年どの日にきてるかって知ってますか?

わたしは、なんとなく7月20日が「海の日」っていうイメージがあったんですけどね。

どうやら何年も前から、海の日は7月20日ではないみたいです。

2016年の海の日と海の日の由来とは?

まぁそれでも大体は7月20日頃、小中学生の夏休みが始まるのと同タイミングで海の日がおとずれています。

ですので、祝日の中ではかなり覚えやすい日ではありますよね。

2016年の海の日はいつ?

それでは2016年の海の日はいつになるの? というと、7月18日の月曜日になります。

なんでわかるのかというと、海の日は7月の第3月曜日と決まっているからです。

ですのでカレンダーなどで計算すると、2015年の海の日は7月20日、2017年は7月17日と、あらかじめわかっているんです。

ちなみに、昔はわたしの記憶通り7月20日が海の日だったようです。

しかしハッピーマンデー制度という政策の影響で、7月の第3月曜日に移動になったのです。

祝日と週休2日制をつなげ、3連休以上の期間を増やすため、国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させる制度。

引用:コトバンク

スポンサーリンク




海の日の由来とは?

明治天皇が東北を訪れた際、初めて青森から船に乗船して、横浜に無事到着した日。

それが7月20日だった為、天皇が無事横浜に帰ってきた日が、海の日の由来になっているようです。

この日は当初、海の記念日と呼ばれていましたが、1995年の時の法改正で、翌年の1996年から「海の日」という名前の祝日になりました。

本来は「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という立派な日のようですが、あまり意識したことはないですね。

というか、一度も意識したことありません。

海の日がほぼ無関係の都道府県

日本国内では、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県の8つの都道府県が海に面していません。

もちろん海に面してない都道府県にも海の日は平等におとずれて、日本全体が祝日になるんですけどね。

そんな中、面白いのが奈良県です。

奈良県では、日本全体で海の日としている祝日を「山の日・川の日」としているそうです。

ちょっとユニークなアイディアですよね。

7月20日に戻そうとする動きがあった

ハッピーマンデー制度の影響で、7月の第3月曜日になった海の日ですが、一時期7月20日に戻そうという動きがあったようです。

7月20日に戻そうとする動きがあった

言い分としては「祝日には意味があるんだから7月20日にするのが正解だー!」ってことでしょう。

この案は結局採用されなかったみたいですが、そんなことを議論するより他にやるべきこといっぱいありますよね。

まぁどっちでも良いというのが、正直なところです。

ちなみに、海の日を祝日にしてるのは、世界を見渡しても日本だけなんです。

日本は昔から島国なので、日本っぽくて愛着のもてる祝日といえるかもしれませんね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?