川越祭りでは川越市によって、臨時駐車場を1,000台以上の駐車場が用意されます。

しかし交通規制やお祭りに訪れる人の多さによって、大混雑するのは間違いありません。

川越祭りでは2015年度も、人口34万人程度の川越市に2日間で80万人も集まっています。

川越市は特別道が広いわけでもないので、お祭りの開催される10月15日と16日の2日間は、渋滞でほとんど身動きとれない状態になります。

川越祭り2016年の駐車場情報と交通規制やアクセス

今回は、川後祭りでの駐車場情報と交通規制やアクセスについてまとめました。

祭りに参加予定の方は参考にしてくださいね。

川越祭りで用意される駐車場

川越祭りで用意される駐車場は、1,000台以上です。

しかも料金は無料です。

川越祭りで用意される駐車場の場所

下記の8箇所の駐車場が臨時駐車場として、開放されます。

  1. 市民グランド :約190台
  2. 小仙波駐車場:約100台
  3. 今成駐車場:約140台
  4. 市民会館臨時駐車場:約80台
  5. 川越第一中学校:約160台
  6. 仙波小学校:約70台
  7. 富士見中学校:約200台
  8. 月越小学校:約120台

※ 5〜8番の駐車場は、当日の校庭の状況次第では使用できない場合もあります。

※ 無料ではありませんが、川越駅の西口にある大型の立体コインパーキングもオススメです。

川越祭りの駐車場の利用時間

臨時駐車場の利用時間は、両日ともに9:00 ~ 22:00です。

23時には閉まってしまうので、必ず23時までには出庫する必要があります。

ただし出店や屋台も22時にはほとんど閉まるので、川越祭りを楽しんでからでも十分に間に合う時間設定です。

また、当日は普段とは比べられないほどに混雑します。

臨時駐車場を利用したいなら、朝の8時には川越に到着しておくことをオススメします。

スポンサーリンク




川越祭りの交通規制について

川越祭りでは大混雑を避けるためにも、お祭り期間の両日は交通規制をおこないます。

下記の画像のエリアが、交通規制で影響を大きく受けるエリアとなります。

川越祭りの交通規制について

引用:川越まつり公式サイト

上記の画像にある地域の色分けは下記の通りです。

  • 黄色:交通混雑が予想されるエリア
  • 赤色:車両通行禁止エリア(10:00〜22:00)

川越祭りへのアクセス

最後に川越まつりへのアクセスを紹介します。

正直電車で行くほうが効率がいいので、先に電車の方法を紹介します。

01:電車でのアクセス

新宿駅から行く場合

JR埼京線(新宿駅)快速で約50分 川越駅下車。

西武新宿線(西武新宿駅)特急で約45分 本川越駅下車。

池袋駅から行く場合

東武東上線急行で約30分 川越駅下車。

大宮駅から行く場合

JR川越線で約20分 川越駅下車。

横浜駅から行く場合

東急東横線で約78分 川越駅下車。

02:車でのアクセス

東京方面から行く場合

  • 関越自動車道で練馬I.C.~川越I.C. 21.2km
  • 国道254号で池袋~川越 32km
  • 首都高速与野I.C.~川越 15km

八王子方面から行く場合

  • 中央自動車道八王子I.C.~八王子JCT~鶴ヶ島JCT~川越I.C. 56.9km
  • 中央自動車道八王子I.C.~八王子JCT~川島I.C. 58km

車で行くのも電車で行くのもアリですが、基本的には川越駅も本川越駅も、アクセスは悪くありません。

川越祭りの公式サイトにも、「公共交通機関でお越しください」とあります。

電車で行って帰ってくるのに不便はないので、なるべく電車で行った方がのんびりと楽しめるかと思います。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?