川越市といえば、小江戸という別名がありますよね。

歴史的な街並みも残る、埼玉県ではもっとも観光地らしい観光地です。

川越まつり2016年の日程は何?見どころは何?

引用:川越まつり

そんな川越市では、毎年10月に川越まつりという大規模なお祭りを実施しています。

小江戸らしさを感じる情緒と、たくさんの山車が迫力満点のお祭りなんですよ。

今回は、そんな川越まつりの2016年の日程と見どころをまとめました。

川越まつりとは?

川越まつりとは、正式には川越氷川祭といいますが、一般的には川越まつりと呼びます。

人口34万人の川越市に、たったの2日間で約80万人が訪れて、歩けなくなるほどの混雑ぶりとなります。

川越まつりとは?

引用:川越まつり

360年にわたって続いてきたお祭りで、国の重要無形民俗文化財にも指定されているんですよ。

さらには、ユネスコの無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」として申請された、日本のお祭りの一つとなっています。

川越まつり2016年の日程はいつ?

川越まつりは、毎年10月の第3土曜日と日曜日の日程で開催されます。

2016年は、10月15日(土)と10月16日(日)の2日間となります。

1996年までは1o月14日と15日に開催されていたそうですが、1997年より今の日程に切り替わったそうです。

ただし氷川神社では、今でも10月14日に「例大祭」がおこなわれています。

スポンサーリンク




川越まつり2016年の見どころって何?

川越まつりの見どころは、昼と夜で大きく変わります。

昼の川越まつりと夜の川越まつりは、雰囲気もガラッと変わりますので、ぜひ両方ともチェックしてみてください。

昼の川越まつりの見どころ

昼は山車巡礼がおこなわれます。

山車のデザインは一つ一つ違うので、それらのデザインを見比べるのが面白い見どころです。

また、まつり囃子や山車を操る人もよく見えます。

昼間に関しては暑い時期でもないので、小江戸の景観を楽しみながら、お祭りを楽しむことが出来ます。

ちなみに山車は川越市役所前に出揃います。

日程と時間は下記の通りです。

  • 10月15日(土) 14:00〜15:00
  • 10月16日(日) 13:30〜15:00

夜の川越まつりの見どころ

夜の川越まつりは昼間と雰囲気が変わり、提灯の明かりが幻想的なお祭りとなります。

その中でも特に、曳っかわせは人気があり見どころです。

他のお祭りでは、山車同士がかち合うとぶつかり合いが始まったりしますが、川越まつりは平和的です。

動画にあるように、太鼓などで音頭を奏でて、相手のお囃子につられたら負けというルールです。

一応、事前にどちらが勝つか打ち合わせされているそうですが、それでも見ている分には面白いですよ。

ちなみに、曳っかわせが見れる日程と時間は下記の通りです。

  • 10月15日(土) 19:00〜21:00
  • 10月16日(日) 18:30〜21:00

2016年の川越まつりも、非常に味わい深く見どころたっぷりのお祭りです。

川越まつりも含め、川越の祭りは何度か参加したことがありますが、どれも盛り上がりがすごいので毎回楽しめます。

行けば絶対に楽しくなるお祭りなので、ぜひ参加してみてくださいね。

特に関東圏に住んでいる人は要チェックですよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?