新潟県の片貝まつりの花火大会といえば、長岡市で開催される花火大会に続く、新潟県を代表する花火大会です。

片貝まつりの花火大会が開催される新潟県小千谷市片貝町は、1891年に三尺玉が打ち上げられた三尺玉発祥の地でもあります。

さらに、毎年世界最大とされる四尺玉が打ち上がることで、大きな注目を集める町でもあります。

片貝まつり花火大会の2016年の日程や場所と見どころ

引用:ジョルダン 花火大会2016

2016年も目の離せない花火大会ですので、日程や場所と見どころをまとめました。

新潟県やその周辺にお住まいの方は、ぜひチェックしておいてくださいね。

2016年の片貝まつり花火大会の日程や場所について

片貝まつり花火大会の2016年の日程や場所は下記の通りです。

9月9日(金)には3尺玉の木筒を引っ張る「伝統筒引き」。

9月10日(土)には「古式玉送り」などの伝統行事がおこなわれる日程となっています。

尚、四尺玉は9月9日と10日の22時に打ち上げらます。

花火大会名 片貝まつり浅原神社 秋季例大祭奉納大煙火
花火の打上予定数 約15,000発
出入り人数(来客数) 約20万人
開催日程・時間 2016年9月9日(金)〜9月10日(土)
19:30~22:20
花火大会の会場・場所 片貝町浅原神社裏手
雨天時の対応 雨天でも決行
駐車場 片貝地内無料駐車場3ヶ所:810台
・片貝バイパス片側 700台
・市道高見五之町線 60台
・片貝スポーツセンター 50台

片貝地内有料駐車場 6ヶ所:390台

小千谷方面シャトルバス利用者駐車場
・イオン小千谷店 300台
・小千谷市総合体育館 300台
・小千谷市白山球場 400台
・西部工業団地 第一測範製作所 200台(17:00以降)
・西部工業団地 40台

交通・アクセス ・JR小千谷駅から片貝経由長岡行バスに乗り20分 ニ之町下車徒歩10分
・JR長岡駅から片貝経由小千谷行バスに乗り30分 五ノ町下車徒歩10分
・関越道小千谷ICから車で10分
・関越道長岡ICから車で20分
※当日は会場周辺で大きな交通規制あり
有料席 桟敷席:8名3万円(マス席、2日通し券)
当日券あり
問い合わせ先 0258-84-3900:片貝町煙火協会

スポンサーリンク




2016年の片貝まつり花火大会の見どころは?

片貝まつり花火大会の最大の見所といえば、なんといっても世界最大の4尺玉の打ち上げです!

四尺玉の打ち上げ花火が見れる花火大会は、日本広しといえど、数えるほどしかありません。

また片貝町は、三尺玉発祥の地でもあるので三尺玉からも目が離せません。

数多くの尺玉の連続と圧倒的な迫力に、目を奪われることは間違いないでしょう。

新潟県で開催される花火大会でそんなに盛り上がるの?と思われるかもしれませんが、新潟県は日本三大花火大会の一つである、長岡まつり大花火大会の開催される県です。

つまり新潟県は、花火大会に定評のある都道府県の一つってことです。

長岡まつり大花火大会とまではいかなくても、片貝まつりの花火大会も間違いなく盛り上がります。

圧倒的な迫力の花火大会なので、行ってみる価値は十分にある花火大会ですよ。

2016年の9月に日程が空いている人は、見に行ってみれば良い思い出が出来るかと思います。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?