唐津くんちの宵山各町内の到着時間は?

引用:Guchiyama Meets Shop!

佐賀県唐津市で11月におこなわれる迫力ある、秋祭り唐津くんち。

唐津くんちの初日には宵山がおこなわれ、14基もの大きな曳山が姿を現します。

今回は唐津くんちの宵山の見どころや、各町に曳山が通過する時間などについて紹介していきます。

スポンサーリンク




唐津くんちの宵山(よいやま)とは?

宵山は唐津くんちの初日の夜に開催される催しです。

宵山の開始時間は19時30分

曳山は約2時間半をかけて町内をめぐり、唐津神社前に集合します。

一番曳山の「赤獅子」が市の中心部である、大手口から出発し、他の曳山も各町内から巡行に加わります。

提灯をつけた唐津市の町には「エンヤーエンヤー」と勇ましい祭りの掛け声が響き、唐津まつりの始まりをつげます。

曳山にはハッピなどの衣装をきた囃子や祭人が乗り、賑やかに祭りを盛り上げます。

宵山が現在の形になったのは1966年以降の話で、それ以前はもっと深夜の遅い時間に、各町内が前夜祭として曳

山をひいていたそうです。

こちらは2013年の宵山の様子です。

夜におこなわれる宵山では、提灯に照らされ、よりあでやかな曳山を観ることができます。

昼間の巡行とはまた違う、神秘的な雰囲気があります。

唐津くんちに訪れたら宵山は一見の価値ありだと思いますよ!

唐津くんちの曳山(ひきやま)とは?

曳山とは日本の祭りで披露される、引いたり担いだりする出し物のことです。

地方によって呼び方が異なるようで山車(だし)とも呼ばれていますね。

唐津くんちはでは全部で14基の曳山が登場します。

獅子や亀、鯛、龍、兜などの様々なモチーフの曳山があります。

どれも今にも動き出しそうなほど躍動感あるデザインですよ。

  • 一番曳山:赤獅子
  • 二番曳山:青獅子
  • 三番曳山:亀と浦島太郎
  • 四番曳山:源義経の兜
  • 五番曳山:鯛
  • 六番曳山:鳳凰丸
  • 七番曳山:飛龍
  • 八番曳山:金獅子
  • 九番曳山:武田信玄の兜
  • 十番曳山:上杉謙信の兜
  • 十一番曳山:酒呑童子と源頼光の兜
  • 十二番曳山:珠取獅子
  • 十三番曳山:鯱
  • 十四番曳山:七宝丸

宵山の各町内巡行予定時間は?

宵山で各町内に曳山が到着する予定時間をまとめました。

宵山観覧の参考にしてみてくださいね。

呉服町広場 19:30
材木町~船宮町 19:45
東町(宮島醤油)の曲がり角 20:00
材木町~魚屋町 20:15
アルピノ前、駅前通り 20:30
神社通り 22:00

唐津くんちを見逃したら・・・

唐津くんちが終わると、14基の曳山は唐津神社の西隣にある「曳山展示場」に展示されます。

唐津くんち期間中以外はここで展示されているそうなので、唐津くんちを見逃してしまったら、ぜひ「曳山展示場」に訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?