唐津くんちは14基の山車が町内を走り回る迫力あるお祭り

引用:浅草お祭りプラザ 

毎年11月に開催される、佐賀県唐津市の最大行事「唐津くんち」。

国の重要無形民俗文化財に指定されている、歴史ある秋祭りです。

「唐津くんちってなに?」

「唐津くんちの日程は?場所はどこ?」

など、初めて唐津くんちを観に行かれる方向けに、2016年の唐津くんちの気になる情報をまとめました。

スポンサーリンク




唐津くんちは14基の山車が町内を走り回る迫力あるお祭り

「唐津くんち」は佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭のこと。

唐津市最大の行事で、佐賀県重要有形文化財に指定されていると共に、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

「くんち」は「供日」とも書き、唐津くんちは1年の収穫を感謝するお祭りなんです。

唐津くんちが行われるのは毎年11月ですが、唐津っ子は「唐津くんちが終わった日が来年の唐津くんちの始まり」と言うくらい、1年を唐津くんち中心に考えるとか。

唐津くんちはそれだけ地元に根づいている、歴史あるお祭りなんですね。

唐津くんちでは曳山(ひきやま)と呼ばれる、様々なモチーフの山車(だし)が市内に登場します。

近年では、海外でも日本の文化の1つとして、唐津くんちは広く知られるようになっています。

観光客は年々増えていて、唐津くんち期間中の来場客数は、なんと50万人以上になるとか!

こちらは唐津くんちのダイジェストです。

ド迫力の曳山がいくつも登場します。

特に狭い道を駆け抜けつ曳山は迫るものがありますね!

曳山の違いにもぜひ注目してください。

唐津くんち2016の日程は?

唐津くんちは毎年文化の日とその前後の日におこなわれます。

2016年の日程は11月2日(水)〜11月4日(金)です。

それぞれの日程の催しは下記になります。

11月2日(水)19:30~22:00【宵山(よいやま)】

唐津くんちの初日におこなわれるのは「宵山(よいやま)」というイベントです。

夜7時30分になると曳き順通りに一番近い各町から、曳山が登場します!

「エンヤー、エンヤー」「ヨイサー、ヨイサー」の掛け声が響き、曳山を引っ張っていきます。

最終的に唐津神社前に14基の曳山が勢揃いします。

11月3日(木)9:30~16:30【お旅所進幸(おたびじょしんこう)】

唐津くんち2日目は最大の見どころとも言える、「お旅所進幸(おたびじょしんこう)」です。

唐津神社にて獅子舞が披露された後、9時30分過ぎに神輿に従う形で、明神台までの曳山の巡行が始まります。

11月4日(金)10:00~16:00【町廻り(まちまわり)】

唐津くんち3日目は「町廻り(まちまわり)」という、町内のためのイベントです。

神輿はでませんが、2日目とほぼ同じ巡路で、旧城下の東西約8キロを回ります。

唐津祭りはフィナーレへ向かいます。

唐津くんち2016の開催場所は?

唐津くんち2016は唐津神社や明神台など、佐賀県唐津市の町内各地でおこなわれます。

詳しいコースについては下記の記事でまとめています。

>唐津くんちの宵山のコースや見どころを紹介!

唐津くんち2016基本情報まとめ

開催日程 11月2日(水)〜11月4日(金)
場所 佐賀県唐津市 唐津神社、明神台、町内各地
アクセス 電車から:JR「唐津駅」から唐津神社までは徒歩10分
車から:唐津伊万里道路「唐津IC」から国道202号を経由し約6km
料金 無料
問い合わせ 0955-74-3355

ちなみに、地元民の家では「くんち料理」という、正月に食べるおせちのような縁起が良くて華やかな料理をたくさん作り、親しい友人や親戚を呼んで、収穫を祝うそうですよ。

唐津くんちをきっかけに、唐津市で友達ができれば「くんち料理」を味わうこともできるかもしれませんね!

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?