「関西文化の日」で博物館や美術館が無料に?参加している府県や施設の数は?

文化の日は法律で11月3日に定められています。

そのため、11月3日には美術館が無料になったり、博物館が無料になったり、全国各地で文化にまつわる施設の無料開館がおこなわれています。

でも、関西地方はちょっと違うんです。

スポンサーリンク




関西では「関西文化の日」がある?

京都や広島、大阪をはじめ、豊かな文化資源をもつ関西では、美術・学術愛好者を増やすことや関西への集客を目的として、独自に「関西文化の日」という活動をおこなっています。

「関西文化の日」の活動は、関西2府8県の「関西文化の日」に参加登録した美術館、博物館、資料館などでおこなわれます。

参加登録した美術館、博物館、資料館などは独自に「関西文化の日」として11月に無料開館日を設定し、大人も子どもも無料で文化にふれることができるよう、つとめています。

そのため、関西では文化施設の無料開館日は11月3日の文化の日に限りません

関西文化の日に無料開館をおこなっている府県や施設は?

関西文化の日に無料開館をおこなっている府県や施設は?

関西文化の日に参加し、無料開館をおこなっている府県は下記のとおりです。

  • 福井県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 徳島県

関西文化の日に参加している文化施設は主に下記のような施設になります。

  • 美術館
  • 博物館
  • 考古学館
  • 民族学館
  • 文学館
  • 科学館
  • 資料館
  • 水族館
  • 植物園

植物園や水族館まで、実に多くの文化施設が参加しているのがわかりますね。

これらの文化施設には通年無料で開館している文化施設も含まれています。

基本的に無料となるのは常設展示のみで、期間限定の特設展示などは無料にならないことが多いようです。

関西文化の日にはどのくらいの文化施設が参加している?

2015年は国公立、民間あわせ約600もの文化施設が11月に無料開館をおこなっていました。

関西文化の日に参加し、無料開館をおこなう施設は年々増えているようです。

全無料施設の情報や開館日はパンフレットでチェック

11月が近づくと例年、参加している文化施設や、主要の駅でパンフレットが配布されています。

「関西文化の日」に参加している全施設の無料開館情報はこのパンフレットや公式ホームページにのっているようですので、チェックしてみてくださいね。

2016年のオススメの文化施設やイベント情報はこちらをどうぞ。

>11月は関西文化の日!オススメの施設やイベントの2016年の日程を紹介します

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?