鏡開きとは?意味や由来は?いつ?(ぜんざいレシピ付)

お正月になると鏡餅(かがみもち)を飾るご家庭は多いのではないでしょうか?

私の家も毎年飾っていて、鏡開き(かがみびらき)をおこなっています。

今回は「鏡開きってなに?」という方向けに、鏡開きの意味や由来、いつやるのか、鏡餅のお餅を使った簡単なぜんざいのレシピなどをまとめて紹介します。

スポンサーリンク




鏡開きとは?どんな意味があるの?

鏡開き(かがみびらき)とは、お正月に神棚などにお供えした鏡餅を下げて、ぜんざいやおしるこ、お雑煮にして食べることをいいます。

「1年間、一家が無病息災でありますように」という意味をこめておこなわれる風習なんです。

同じ鏡開きでも、酒樽を使用したものもあります。

酒樽の鏡開きは、鏡割り(かがみわり)とも言われ、お正月以外にも結婚式や式典など、めでたい席でおこなわれます。

酒樽のふたを叩いて割り、振る舞うことで「運を開く」という意味があります。

鏡開きの由来は?

鏡開きの由来は?

実は、お正月の元日には神様がやってくると考えられていました。

鏡餅が飾られるようになったのは、そのやってきた神様のご加護が、お餅に宿ると考えられていたからだそうです。

そのご加護が宿った鏡餅を、包丁などで切ってしまうのは切腹を連想させ、縁起が悪い。

というわけで、手やつちで餅を割るようになりました。

「鏡開き」という名前も、「切る」や「割る」は縁起が良くない言葉だから「開く」という言葉を使って「鏡開き」となったんです。

鏡開きはいつやるの?

鏡開きは、一般的には1月11日におこなわれます。

松の内が終わった後(一般に1月7日)を基準にして、おこなわれる風習があるようです。

※地方によって違う場合もあります。

ぜんざいの簡単な作り方

鏡開きしたお餅でつくる、ぜんざいの簡単な作り方

鏡開きをしたお餅は、おしるこやぜんざい、お雑煮などにして美味しくいただきましょう。

ここでは市販の缶詰使った、簡単なぜんざいの作り方を紹介します。

イチから作ろうと思うと小豆を煮るのが少々面倒なぜんざいも、缶詰を使えばすぐにできちゃいますよ。

あんこはこしあんを使っておしるこにしても美味しいです。

別で塩昆布を添えると甘さが引き締まり、飽きることなく楽しめます。

材料 (2人分)

  • ゆであずき缶詰 200g
  • 水 150cc
  • 塩 ひとつまみ
  • 餅 食べる分だけ

作り方

  1. あずき缶と水を鍋にいれ、火にかける。餅はオーブントースターなどで焼く。
  2. あずきがこげないようにたえず混ぜながら、沸騰したら塩をいれてさらに混ぜる。弱火で5分煮込んだら火をとめる。
  3. 器に焼いた餅をいれ、上からぜんざいをかけたら出来上がり。

参考レシピ:http://cookpad.com/recipe/2081072

最後に

毎年おこなわれる風習にはこんな意味が込められていたんですね。

家族で温かいぜんざいを食べながら、今年1年良い年になるようにまた願いたいと思います。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?