夏最後の締めくくりとして人気がある伊丹花火大会をご存知でしょうか?

小規模ながらも毎年多くの観客を魅了してやまない花火大会です。

2016年は「万華創演(ばんかそうえん)」をテーマに、夜空をきれいに彩ってくれます。

2016年の伊丹花火大会の開催場所や穴場スポットについて

引用:Walkerplus

今回は、そんな伊丹花火大会の開催場所や穴場スポットをわかりやすくまとめました。

伊丹花火大会に行こうか考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

2016年伊丹花火大会の開催場所について

伊丹花火大会は毎年、猪名川神津大橋南側河川敷(伊丹市口酒井字蔵ヶ淵地先)で開催されています。

花火会場はそこまで混雑しないので、会場内のどこからでも観覧することが可能です。

特にグランドフィナーレの「黄金しだれ柳の重ね咲き」は、大阪空港の夜景とマッチしていて、とてもキレイなんですよ。

打ち上げ場所は下記のマップ付近です。

ただし、他の花火大会のような有料席は設けていません。

ですので見やすい場所をとろうと思うなら、少し早めに会場に行くか、穴場スポットに行く必要があります。

伊丹花火大会は20時から始まるので、少し早めに会場に行くなら、19時より前には絶対に到着しておきたいところです。

スポンサーリンク




2016年、伊丹花火大会の穴場スポットとは?

穴場スポットはいくつもあるので、視察に行くなり自分が見やすいと思う場所を選ぶのが一番です。

わたしは、会場からもそこまで遠くないうえに混雑がなく花火も見やすい、伊丹スカイパークをオススメしています。

穴場スポットその1:伊丹スカイパーク

伊丹スカイパークは、大阪国際空港の滑走路沿いにある公園です。

混雑もほとんどなく、家族連れでも安心して花火鑑賞ができます。

駐車場代も1時間100円という安さで、飛行機や空港のネオンも楽しめる絶景穴場スポットです。

穴場スポットその2:大阪国際空港(伊丹空港)

大阪国際空港では、伊丹花火大会当日にイベントが開催されます。

さらにターミナルビルの4階にある展望デッキからは、花火と飛行機の両方が楽しめます。

一度で二度楽しめるおすすめスポットですが、かなり人気が高く、花火大会の当日はかなり混雑します。

有料席もなく早い者勝ちになるので、夕方までには空港にいって場所取りした方がいいかもしれません。

穴場スポットその3:イオンモール伊丹

伊丹駅からも近く歩いて気軽に見に行けるので、人気になっている穴場スポットがイオンモール伊丹です。

さらには、花火大会の見学スペースも用意されているんです。

キレイなトイレに、食料調達も容易とくれば、混雑は予想されますね。

ただし車で行くと出し入れに苦労するので、徒歩で見に行くのがオススメですよ。

伊丹花火大会は、どの場所からでもキレイに花火が見れますが、出来るなら最高の場所から見たいですよね。

今回オススメした穴場スポットは、どれもオススメの場所です。

伊丹花火大会に行く予定がある人は、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?