インフルエンザワクチンの副作用で死者?

インフルエンザの予防として、国が推薦しているインフルエンザワクチンの接種。

インフルエンザワクチンを接種すれば、インフルエンザの発症や重症化の予防が期待できます。

普段は健やかな生活のために活躍してくれるワクチンですが、もしもの副作用がおこることがあることも知っておかなければいけないですよね。

今回はインフルエンザワクチンの副作用や死者の事例についてまとめました。

スポンサーリンク




ワクチンの副作用とは?

ワクチンは特定のウイルスに対し、免疫をつけるために接種するものです。

このワクチンを接種したときに、免疫がつく以外の反応がみられることを「副作用(副反応)」といいます。

薬などによる副作用はよく聞いたことがありますが、ワクチンでも同じようなことがおこる可能性があるということですね。

インフルエンザワクチンの副作用は?

インフルエンザワクチンの接種で多くおこる副作用には下記のようなものがあります。

接種した場所の赤みやはれ、痛み

インフルエンザワクチンを接種した箇所が赤くはれたり、痛むことがあります。

通常2~3日でおさまりますので、だんだんひどくなるようなことがなければ特に心配はありません。

インフルエンザワクチンをうけた10人に1~2人くらいおこる副作用です。

発熱、頭痛、寒気、だるさ

全身の副作用として、発熱や頭痛、寒気、だるさなど実際にインフルエンザになった時のような症状が起きることがあります。

こちらも通常2~3日でおさまります

インフルエンザワクチンをうけた10人に0.5~1人におこる副作用です。

アレルギー反応

まれにインフルエンザワクチンに対するアレルギー反応で、アナフィラキシーショックがでることがあります。

発疹、じんましん、赤み、掻痒感、呼吸困難等の症状があらわれます。

このような症状があらわれた場合は、すぐにワクチンを接種した病院に連絡してください。

その他の重い副反応

その他、まれにでる重い副反応として下記のような症状が報告されています。

  • ギラン・バレー症候群
  • 急性脳症
  • 急性散在性脳脊髄炎
  • けいれん
  • 肝機能障害
  • 喘息発作
  • 血小板減少性紫斑病など

インフルエンザワクチンの副作用による死者数は?

インフルエンザワクチンの副作用による死者数は?

厚生労働省の報告によると、インフルエンザワクチン接種後の副作用がでて死者がでた例は残念ながら何件かあります。

2009~2014年までのデータのみとなりますが、医師から、インフルエンザワクチン接種との因果関係が報告された死者数は下記になるそうです。

新型インフルエンザワクチン

期間 死者数
2009年10月~2010年9月 3人
2010年10月~2011年3月 4人

季節性インフルエンザワクチン

期間 死者数
2012年10月~2013年5月14日  1人
2013年10月~2014年7月 1人
2014年10月~2014年12月 3人

ただし、専門家による評価では、死者の死亡原因とインフルエンザワクチン接種の直接の明確な因果関係がある症例は認められなかったこと、また死者のほとんどが重い持病を持つ高齢の方だったと発表されています。

このことから、厚生労働省は基礎疾患などの持病を持つ方に対して、様々な要因により、病気が悪化する可能性があり、インフルエンザワクチンの接種は主治医や専門性の高い医療機関に相談して、慎重に検討するようにとしています。

インフルエンザワクチン接種の副作用により、ひどい健康被害が発生した場合は?

インフルエンザワクチン接種による副作用が原因で、ひどい健康被害がおきたことが認められた場合は、国や独立行政法人による救済制度があります。

医療費などの給付などが受けられるようです。

詳しくは各ホームページを確認してみてください。

予防接種健康被害救済制度

医薬品副作用被害救済制度

生物由来製品感染等被害救済制度

アレルギーや持病など、気になることは必ず医師に相談しよう

明確な因果関係が立証されてないものの、インフルエンザワクチンの接種により、なんらかの関係で死者がでた例は確かにあるようです。

ただ、統計でみるとインフルエンザワクチンの副作用によるデメリットよりも、予防でふせぐメリットのほうが多いといえます。

アレルギーや持病を持っているようなことでなければ、さほど心配する必要はなさそうです。

アレルギーや持病など、何か気になるものがある人は医師に相談した上でインフルエンザワクチンの接種をした方がいいと思います。

ちなみに、アレルギー反応などの副作用がでる場合は接種後30分以内が多いとか。

インフルエンザワクチン接種後30分程度は、医療機関で安静にして副作用がないか様子をみてから帰宅するのがいいでしょう。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?