効果に違い!インフルエンザ予防接種の回数や間隔は?

ワクチンの予防接種で発症や、重病化のリスクを下げることができるインフルエンザ。

インフルエンザの予防接種の効果を最大限得るためには、受ける回数や間隔も大切です。

スポンサーリンク




インフルエンザ予防接種を受ける回数や間隔は?

生後6ヶ月~13歳未満

生後6ヶ月~13歳未満の子どもの場合、インフルエンザ予防接種回数は2回必要です。

これは13歳未満の子どもは1回では十分な免疫ができないため、インフルエンザの重症化を予防するには2回接種が必要と言われているためです。

接種間隔は、1回目の接種から2~4週間あけて2回目の接種をおこないます。

よりインフルエンザの予防接種の効果を高めるなら、4週間以上あけるのが推薦されています。

例え、2回目の接種までに誕生日が来て13歳になった場合でも、1回目の接種時期が12歳であれば、2回実施します。

ただし、13歳未満までの回数の判断はお医者さんによって異なることもあり、中には昨年インフルエンザ予防接種をした子や9歳以上の子には1回接種でOKとするお医者さんもいるようです。

13歳以上

13歳以上の場合、基本的に摂取回数は1回で問題ありません。

ただし、慢性疾患などで免疫が抑制されている人など、お医者さんの判断があった時には2回接種する場合もあります。

1歳未満のインフルエンザ予防接種の効果はない?

実は、生後6ヶ月よりインフルエンザの予防接種は可能なものの、規定の回数を受けても1歳未満へのインフルエンザの予防効果は証明されていないとか。

そのため、1歳未満の場合にはインフルエンザ予防接種をオススメしないお医者さんもいるようです。

1ヶ月以内に他の予防接種をうけている場合の間隔は?

1ヶ月以内に他の予防接種をうけている場合の間隔は?

1ヶ月以内に他の予防接種をうけている場合、インフルエンザ予防接種をうけるには間隔をあける必要があります。

基本的には4週間以上あければ問題ないようですが、念のためお医者さんに相談しましょう。

小さい子供の場合は、他の予防接種も平行しておこなっている場合が多いと思います。

インフルエンザの予防接種は、かかりつけのお医者さんと相談しながらスケジュールを立てるのが良さそうですね。


インフルエンザ予防接種は100%インフルエンザを予防できるというものではありません。

そのため、よりインフルエンザを予防するなら予防接種に加え普段の生活における予防も大切。

外出後は手洗い・うがいを徹底、インフルエンザ流行シーズンにはマスクをつけるなど、なるべくインフルエンザウイルスを体にいれないように気をつけていきたいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?