インフルエンザ予防接種2016うける時期はいつ?

インフルエンザの予防接種、2016年は受けようと思うけど、時期はいつがいいんだろう?

時期が悪いと効果が半減とも聞くし、気になるところですよね。

実際、どの時期にインフルエンザ予防接種をうけるのが良いのでしょうか?

スポンサーリンク




インフルエンザ予防接種をうけるのに最も効果のある時期は?

世界各地で流行するインフルエンザですが、日本で流行するのは例年12月~翌年3月。

とっても寒くて乾燥する時期に流行るんですね。

インフルエンザの予防接種は受けてから2週間後くらいを目安に効果がでるといわれています。

そして、その効果は5ヶ月間続きます。

持続期間をインフルエンザが流行する時期にかぶらせないと意味がない!

10月だと早すぎるし、12月だとちょっと遅い。

ということは、逆算して11月~12月の間に受けるのが効果的といえます。

実際、この時期にインフルエンザ予防接種をオススメするお医者さんは多いそうですよ。

子どもがインフルエンザ予防接種をうける時期はどうなる?

子どもがインフルエンザ予防接種をうける時期はどうなる?

そういえば13歳未満の子どもはインフルエンザ予防接種が2回必要ですよね?

こういった場合はどうなるのでしょうか?

2回目の予防接種で十分な効果がでる子どもの場合は、2回目を12月までに終えるようにうけましょう。

1回目の予防接種をしたあとは4週間あけなければいけないので、1回目は10月中にうけて、2回目を11月~12月初旬に接種するのがオススメです。

インフルエンザ予防接種は毎年必要!

「昨年うけたから、2016年のインフルエンザ予防接種はいらないんじゃない?」

そう思う人もいるかもしれませんが、残念ながらインフルエンザ予防接種は毎年受けなければ意味がありません・・・。

理由は効果の持続期間と、ウイルスが毎年変わるため。

上で書いたとおり予防接種の効果は5ヶ月間しか持たないうえに、インフルエンザウイルスは毎年違うんですね。

そのため、毎年予防接種をうけないと、インフルエンザの予防効果は期待できません。

お金はかかりますが、重病化したら怖いのがインフルエンザ。

お金には代えられないですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?