インフルエンザ予防接種2016の予約はいつとる?予約方法やキャンセルは?

毎年年末頃になると世間を賑わす、インフルエンザ。

インフルエンザにかかってしまうと、辛いのはもちろん、外出もできなくなってしまうのでなるべくかかりたくないですよね!

特に大型連休のある年末年始はインフルエンザで潰すなんて悲しすぎる・・・!

というわけでインフルエンザで休みを潰したくない筆者は2016年は予防接種を受けることにしました。

インフルエンザ予防接種の予約はいつとるべき?

インフルエンザ予防接種の予約方法は?

予約のキャンセルはできるの?

など、インフルエンザ予防接種の予約全般について調べてみました。

スポンサーリンク




インフルエンザ予防接種はどこで受けられる?

インフルエンザ予防接種はどこで受けられる?

インフルエンザの予防接種は近くの病院や医療機関はもちろん、住んでいる地域の保健センターなどでも実施しているところがあります。

すでに2016年の予約を開始している病院もあるので、かかりつけの病院に行けば、お知らせなどが貼ってあると思いますよ。

また、高齢者の方を対象に、インフルエンザ予防接種の補助をおこなっている自治体もあるようです。

詳しくは各自治体や病院に問い合わせてみてくださいね。

インフルエンザ予防接種の予約はいつとるべき?

インフルエンザの予防接種の効果がでるのは、ワクチン摂取から2週間後。

そこから5ヶ月程度効果があると言われています。

インフルエンザは例年12月頃から流行り出すようなので、11月に予防接種を受けておくのが良さそう

で、予約をいつとるべきか?ですが、11月に入ってから連絡しても、予約がいっぱい・・・なんてことも。

そのため、年内にインフルエンザの予防接種をするなら、10月中には予約の連絡をいれた方が良さそうです。

インフルエンザ予防接種の予約方法は?

インフルエンザの予防接種は、かかりつけのお医者さんであれば電話で予約することが可能です。

最近はインターネットで予約することができるお医者さんもあるみたいですね!

便利になりましたね~。

市町村の制度を利用する場合は、それぞれ予約の仕方が違うようですので、ホームページをチェックしたり、問い合わせてみてください。

会社によっては、インフルエンザ予防接種のための契約医療機関が会社まで出張してくれたり、健康組合から助成金がでる場合もあります。

その場合は所定の手順に従って予約する必要があるので、会社に確認してみてくださいね。

予約のキャンセルは?

インフルエンザ予防接種の予約をキャンセルしたい時は、早めに医療機関に連絡しましょう。

インフルエンザのワクチンの量には限りがあり、病院や予防接種を受けたいと思っていた方の迷惑になってしまうこともあるので、無断キャンセルはしないようにしましょう。

とはいえ、予防接種当日に「お子さまの熱がでてしまった!」など、予測できない事態もあると思います。

そういう時は、予約したお医者さんに相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?