インフルエンザの潜伏期間は?外出はどのくらい控えるべき?

インフルエンザにかかってしまうと、普通の風邪と違って高熱が数日続きとてもつらいですよね。

よくなってきても外出を控えたり、学校や会社を休まなくちゃいけなかったり・・・。

でも、どうして一定期間外出してはいけないのでしょうか?

それには潜伏期間や排出期間が関係しています。

スポンサーリンク




インフルエンザと普通の風邪の違い

インフルエンザは普通の風邪にくらべて、全身症状が強いのが特徴です。

通常38℃以上の高熱が急に発生し、頭痛や倦怠感、食欲不振、関節痛、筋肉痛がともない、咳や鼻水などの症状もあらわれれます。

通常1週間程度かけて徐々に治っていきますが、重症化すると肺炎や脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。

また、普通の風邪と違ってインフルエンザは季節性です。

日本では12月~3月頃にもっともインフルエンザの被害が多くなっています。

インフルエンザには潜伏期間がある?

インフルエンザには潜伏期間があるのも特徴です。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日間といわれいています。

これは他の感染症とくらべてとても短い潜伏期間だそうです。

潜伏期間中はインフルエンザの症状はでず、インフルエンザウイルスが身体にいることなんてまったく気づきません。

1~3日間の潜伏期間後、例えば4日目にインフルエンザが発症して、はじめてその時インフルエンザにかかったことに気づきます。

だから、毎回インフルエンザにかかるとびっくりするんですよね・・・。

インフルエンザにかかったらどのくらい外出を控えるべき?

influenza-incubationperiod-out-img2_r

インフルエンザにかかったら、まず病院に行きましょう。

検査をしてインフルエンザと診断されたら、薬が処方されてお医者さんに「外出は控えてください」と言われると思います。

外出を控える理由は、インフルエンザウイルスの排出期間にあります。

実はインフルエンザは薬で早く治ったように感じても、身体の中にはまだ残っている場合が多いのです。

一般に、インフルエンザ発症前日から3~7日間は鼻やのどからウイルスが排出されるといわれています。

排出期間中は誰かにインフルエンザをうつしてしまう危険があるので、発症から5日ほどは外出は控えた方がいいでしょう。

学校保健安全法では現在「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています。

会社の場合もこのあたりを目安にして、出社するようにするのがいいでしょう。

しかし、排出期間は個人差があります。

5日たっても咳やくしゃみなどの症状がおさまっていない場合はマスクをしたり、周りへの配慮を忘れないようにしましょう。

インフルエンザの時くらいゆっくり休もう

近年は「リレンザ」と呼ばれる、一度の吸引で済むタイプの薬がでてきて、治療がとても楽になりましたね。

昨年私がインフルエンザになった時も薬を飲んで2日くらいで元気になってびっくりしました。

正直、3日も寝込んでいると外出したくてまらなくなりましたが。笑

とはいえ、必要以上にインフルエンザウイルスを撒き散らすのはよくありませんね。

インフルエンザにかかったらゆっくり休む機会だと思って大人しく家にいるのが一番ですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?