放生会(ほうじょうえ)といえば博多三大祭の一つで、露天だけでなく「おはじき」も非常に有名です。

おはじきとは、指ではじいて遊ぶイメージがある、あのおはじきです。

放生会のお祭りでは、おはじきが職人さんによって作られていて、ものすごいプレミアム商品となっています。

放生会2016年のおはじきの販売価格や販売時間とテーマとは?

引用:ベルギー旅行記と結婚準備

なんと、前日から並んで待つ人がメチャクチャ多いんです。

今回は、人気になっている放生会のおはじきの販売価格や販売時間とテーマについて紹介します。

放生会のおはじきについて

放生会のおはじきは、職人が毎年1,200個限定で作っています。

気になるおはじきのデザインは毎年異なりますが、30種類という数だけは決まっています。

毎年その年ごとのテーマがあり、同じデザインのおはじきが世に出回ることはありません。

これらの条件もあり、プレミアム価値が高まって大人気の商品となっています。

ちなみにヤフオクなどのオークションサイトでは、おはじきを購入した価格の2〜5倍程度で取引されるのが普通です。

スポンサーリンク




放生会のおはじきの販売価格や販売時間

放生会は9月12日(土)〜9月18日(金)の1週間開催されますが、おはじきは9月12日の午前8時に販売を開始します。

ただし2時間ほど前の6時頃から整理券の配布が始まり、この整理券を持っていないと、おはじきを販売してもらえません。

整理券をもらうには、6時からでは到底間に合わず、基本的には前日の夜から並びます。

とはいっても前日11日の24時までに列に並ぶことが出来れば、基本的にはおはじきを購入できます。

その際は、下記の半お泊りセットが必須ですので、準備していってくださいね。

  • 虫よけ対策(スプレーや塗り薬)
  • 食料、飲料
  • 座って待てる折りたたみ椅子

ちなみに、おはじきの販売価格は2種類です。

  1. 30種類の1セットで3,000円
  2. 額入り10,000円

額入りは高いなぁ〜と思った方もご安心ください。

基本的に購入できないと考えた方がいいほどに、額入りのおはじきは手に入りにくいそうですよ。

なお、おはじきの販売場所は「筥崎宮のお守り授与所」となります。

放生会のおはじきのテーマについて

調べられる範囲で、過去の放生会のおはじきテーマについて紹介します。(誤りがあればごめんなさい)

ちなみに2016年のテーマは未発表で、2004年のテーマは調べてもわからずじまいでした。

年代 おはじきのテーマ名
2002年 博多の名物と四季の花
2003年 博多のレトロ
2004年 不明
2005年 博多の歳時
2006年 寿・縁結び
2007年 博多五節句
2008年 放生会
2009年 思い出の童謡・唱歌
2010年 世界遺産
2011年 祝・九州新幹線
2012年 むかし、むかしのお話
2013年 悠久の歴史 伊勢と出雲
2014年 博多いろいろ基本的には福岡
2015年 九州旅めぐり
2016年 未発表

2016年の放生会のおはじきテーマが決定したら、更新しますね。

プレミアムな放生会のおはじきですが、興味のある人はココでしか手に入らないものなので、手に入れるのもアリだと思いますよ。

手に入れるのは一苦労が必要ですが、一生ものの思い出になると思いますよ。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?