ハロウィンでお菓子を配る理由は?配り方は?

最近は日本でもハロウィンの盛り上がりがすごくなってきましたね!

渋谷や六本木などの大きいイベントだけでなく、町内会や子供会の行事として地域ごとおこなわれることも、珍しくなくなってきました。

ご存知のとおり、ハロウィンでは仮装とお菓子を配るのがメインイベント!

今回はハロウィンでお菓子を配る理由や配り方について紹介します。

ハロウィンでお菓子を配る理由

ハロウィンは本来魔除けと感謝の意味がある行事。

なぜお菓子を配るのかですが、仮装して訪ねてくる子どもたちをおばけや悪魔に見立てて、魔除けの意味であげるんだそうです。

お菓子をあげるから元の世界に帰ってね、というところでしょうか。

そのため、子どもたちは「トリック オア トリート(お菓子かいたずらか)」と言って、家をまわるんですね。

ハロウィンのお菓子の配り方

ハロウィンで配るお菓子はどんなものがいいの?

ハロウィンで配るお菓子は市販のアメやチョコを1、2個でOK

何件か家をまわることになるのでたくさん配る必要はありません。

スーパーで大袋で売っているお菓子の小包装1つなどでもいいですね。

ハロウィン期間はお菓子のパッケージもハロウィン仕様で可愛いものが多いので、配るのにぴったりです。

100円ショップでハロウィンっぽい小袋を買って、お菓子をつめても可愛いですよ。

お菓子をもらいにくる子どもの人数に合わせて多めに用意しておくといいですね。

町内会などでやる時は大体の人数を確認しておきましょう。

スポンサーリンク




親しい間柄なら手作りのお菓子もOK

親しい間柄で配る場合は手作りのお菓子でもいいと思います。

ハロウィンの手作りお菓子のオススメレシピはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてくださいね♪

ハロウィンでお菓子を配る家の飾り付け

アメリカではお菓子を配る家は玄関を飾り付けたり、ランタンを置いたりして子どもたちにお菓子を配っていることがわかるようにします。

そしてお菓子を配り終えたら飾りを片付けて、もうお菓子がないということもアピールするそうです。

日本でやる場合も家の玄関にランタンや、ハロウィンっぽい飾り付けをしたら、もっと楽しいハロウィンになりそうですね。

ハロウィンのお菓子

さぁ、当日は仮装した可愛い子どもたちが「トリック オア トリート」とやってきます。

恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ「Happy halloween!(ハッピーハロウィン)」といって、お菓子を配ってあげてください

その時に子どもたちの仮装についてもふれてあげるときっと喜んでくれるはず♪

ハロウィンの仮装についてはこちらの記事にまとめていますので、一緒にチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?