お中元の時期は、関東では7月上旬、関西では8月上旬という話は、有名かもしれません。

ですが、正確にはもっと細かい地域毎の時期があること、そして最近はお中元時期までが変わってきていることも、ご存知でしょうか?

昔は通用してた常識が段々通用しなくなるのは、よくある話ですが、お中元にもある程度は同じことが言えます。

お中元の時期が少し変わってきた!?正しいマナーを知っておこう!

お中元の時期は地域ごとに違う

7月〜8月15日の間におさまっているとはいえ、結構地域差で大きな違いがありますよね。

  • 北海道:7月下旬〜8月15日
  • 東北・北陸・関東:7月1日〜7月15日
  • 関西・中国・四国:7月15日〜8月15日
  • 九州:8月1日〜8月15日

ザックリと、関東より東は7月1日〜7月15日までがお中元と思っていたので、結構驚きでした。

地域ごとの細かい時期まで気にして送りたい人は、事前チェックを心がけてください。

ただし最近は西日本でも、関東圏などと同じように、早い時期にお中元を送りたい人が増えているようです。

6月から送り始める人も多く、昔ほど時期にはこだわらないで良いのかもしれません。

もし時期もきっちり守って、お中元を送りたいという人は、7月15日頃に到着するように送れば全地域に対応できます。

スポンサーリンク




お中元で生物を送るときの基本マナーとは?

果物やお肉など、最近はお中元で生物を送ることも多くなっています。

ですが、お中元には生物を送る場合は慎重になってください。

もし先方が不在だった場合、その間に腐らせてしまって失礼にあたるからです。

お中元で生物を送るときの基本マナーとは?

送らない方が無難ですが、人気があるのもまた事実です。

ですのでお中元を手渡し以外で郵送する場合は、挨拶状を同封してください。

お店で配送してもらう場合は、挨拶状を持参すれば同封してくれますよ。

もし同封できない場合は、お中元が届く頃に手紙かハガキで挨拶するのがマナーです。

その際に生物のことを伝えておきましょう。

知っておきたい!その他のお中元マナー

お中元はお祝いではありませんので、お返しや喪中を気にする必要はありません。

ですが、お中元をもらったらお礼状は忘れないようにしてください。

荷物が届いたことの連絡にもなるので、忘れると失礼にあたります。

ちなみに、最近送って喜ばれるお中元は生物の他には、商品券だったりします。

高級ビールや高級なハムなど、定番のものもいいですが、商品券を送る人は多数派ではないので、普通に喜ばれます。

単純にお金をもらっているのと同じなので、嬉しくない人はいないでしょうね。

どうしても送るものに困った人は試してみてください。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?