初めての七五三。

いくら用意すればいいの?

今回はそんな疑問に答えるべく、七五三にかかる料金相場を調べてみました!

七五三のお参りでお金のかかるものは下記のとおりです。

  • 初穂料
  • 晴れ着などの衣装代
  • 撮影料(写真代)
  • 食事代

まず、気になる初穂料から紹介していきましょう!

七五三のお参りの料金は?

初穂料(はつほりょう)

そもそも初穂料(はつほりょう)とは?

七五三で神社で祈祷(きとう)してもらう謝礼として納めるお金を初穂料(はつほりょう)といいます。

初穂とはその年に収穫されたお米のことをいうそうです。

昔から日本には収穫されたお米を神前にお供えする習慣がありました。

お米を収穫できない人や時期には代わりにお金を供えたそうです。

そのことから「初穂料(はつほりょう)」というようになったそうですよ。

初穂料は七五三のお参り受付時に渡しましょう。

初穂料の料金相場は5,000円〜10,000円

基本的に支払う料金は気持ち次第でOKだそう。

でも神社によっては料金が決まっているところもあるとか。

神社が決まってるならホームページなどでチェックしてみましょう。

電話で教えてくれるところもあるので予約する時に聞いてみてもいいですね。

ちなみに5,000円からという神社が多いそうですよ。

神社と契約しているレンタル着物・写真撮影業者が初穂料も込みでパック料金としているケースもあります。

神社によって納める額が複数定められてる場合は?

神社によっては初穂料が5,000円、10,000円、20,000円と料金ごとにランク分けされている場合があります。

料金の違いは何なのでしょうか?

調べてみたところ、ランクによって祈祷の内容や、祈祷後にもらえるお土産が違ってくるようです。

晴れ着などの衣装代

晴れ着の料金相場は15,000円〜

レンタルか購入可で大きく変わる晴れ着の価格ですが、購入の場合上を見ればキリがなさそう。

レンタルでは15,000円〜30,000円、購入の場合は20,000円前後〜が相場のようです。

親戚の子どもが先に生まれた場合などはすでに親戚が先に購入していることも。

節約する場合は聞いてみてもいいかもしれません。

撮影料(写真代)

写真館や写真スタジオで撮影する場合の料金相場は1枚5,000円前後〜

家族人数分などで枚数が増える時は数万円になることもある写真代。

とはいえ晴れ姿の子どもはなんとしても写真に残しておきたいですよね。

おじいちゃんに撮ってもらうのもいいですが、やはりプロのカメラマンにはかなわないところも。

写真館で撮ってもらえば立派なアルバムにしてもらうこともできるので、やはり利用する家族は多いようです。

食事代

食事代の料金相場は大人1人あたり3,000円〜、子ども1人あたり1,500円〜

七五三は子どもの成長を祝うイベント。

家族みんなで集まるイベントでもあるので、ちょっと贅沢な食事をする家族が多いようです。

当然いくお店によって料金は変わってきます。

家族で相談して子どもも大人も楽しめるレストラン選びが大切です。

神社に納める初穂料から、衣装代・写真代・食事代など様々なところで出費があるのが七五三。

安くすませたとしてトータルで3万〜5万円くらいでしょうか。

正直お金をかければキリがないのですが、出来る限りお祝いしてあげたいと思うのが親心ですよね。

当日後悔しないように、しっかり準備して七五三を迎えたいですね!

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?