毎年、お彼岸の時期には墓参りをしていますか?

お彼岸に墓参りというのは、古くからある日本の風習の一つですが、なんとなく馴染みが薄れてきているように思います。

年に一回くらいは墓参りするという人はいても、キッチリとお彼岸に合わせて墓参りする人は、今となっては少数派かもしれません。

2016年秋のお彼岸はいつからいつまで?墓参りはいつ行くの?

特に若い世代の人にとっては、そこまで馴染み深い行事ではないかもしれませんね。

ですが、年に一度や二度くらいは先祖の墓に顔を出し、墓参りをするというのも大事な行事かと思いますよ。

今回はそんなお彼岸のなかでも、2016年の秋のお彼岸がいつからいつまでなのか?

墓参りはいつ行けばいいのか?ということについて、まとめました。

なんとなく墓参りに行こうとは思っているけど、いつがお彼岸なのかよくわからないという人は参考にしてくださいね。

そもそもお彼岸とは?

お彼岸とは、西方極楽浄土の信仰と結びついた、日本独自の仏教行事のことです。

中日である春分の日と秋分の日に、太陽が真東から上がって真西に沈み、ちょうど昼と夜の長さが同じになる日でもあります。

また季節の区切り目でもあり、暑さ対策も彼岸まで・・・と言われています。

ちなみに彼岸には、先祖の墓参りをするのが日本だけの独特の文化でもあります。

その理由として、「彼岸」という言葉ををあの世と解釈して、亡くなられた人々を供養するという意味から、墓参りすることになったそうです。

スポンサーリンク




2016年秋のお彼岸はいつからいつまで?

2016年秋のお彼岸は、9月19日の月曜日から9月25日の日曜日までの一週間です。

  • 彼岸入り:9月19日(月)
  • 中日: 9月22日(木) = 秋分の日
  • 彼岸明け:9月25日(日)

年に2日あるお彼岸では、それぞれの初日を彼岸入り、春分の日と秋分の日を中日、最後の日を彼岸明けといいます。

春分の日と秋分の日の前後3日間にあたる、計7日間の期間のことをさし、春の彼岸は春彼岸、秋の彼岸は秋彼岸などと呼び分けます。

ちなみに、毎年同じ日が彼岸期間になるわけではありません。

2016年秋のお彼岸で墓参りはいつ行くの?

彼岸の期間は一週間ありますが、いつ墓参りに行くのか?というのが明確に決まっているわけではありません。

ただし、午前中に墓参りするのが一般的だそうです。

2016年秋のお彼岸で墓参りはいつ行くの?

もし難しいようなら、仏壇に線香をさし手を合わせるだけでも良いんだとか・・・

また、お彼岸にも細かいマナーやルールはありますが、何よりも顔を出すことが大切です。

薄れつつあるお彼岸のお墓参りかと思いますが、最近行ってないなぁ〜という人は、顔を出してみてくださいね。

その時は、秋のお彼岸の定番でもある「おはぎ」を持っていくと尚良しです。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?