毎年9月1日は防災の日として制定されていますが、どれくらいの人が普段から意識しているでしょうか?

日本は、地震や津波や台風など、世界でも類を見ない災害大国です。

それなのに、イマイチ災害に対する危機感がないですよね。

今回はそんな日本人のために制定された防災の日について、由来や新たな制定の候補日を紹介します。

 防災の日とは?防災の日の由来や新たな制定日についても紹介

防災の日とは?

防災の日とは、1960年に制定された国民が台風や高潮、津波や地震等の自然災害への認識を深めて、対処する心構えを準備する日のことです。

これは正に、地震や津波や台風など、災害の多い日本だからこそ制定された1日といえます。

そして毎年9月1日を防災の日としており、祝日とは関係がありません。

また、8月30日〜9月5日の1週間を防災週間としており、この時期には防災にちなんだ行事やイベントが各地で開催されています。

有名なものには、東京や横浜、大阪といった大都市での行事やイベントが開催されています。

スポンサーリンク




防災の日の由来とは?

防災の日は、1923年9月1日に10万人以上の死者行方不明者をだした、関東大震災に由来しています。

ですので9月1日が防災の日に制定されるまでは、9月1日は関東大震災の慰霊祭を中心としたイベントばかりだったそうです。

防災の日の由来とは?

また、8月31日〜9月1日付近で台風被害が多くみられるそうなので、由来は台風にちなんでいるという説もあります。

恐らく、「この時期は注意してください!」という、喚起の意味合いも強いんでしょうね。

今では9月1日は、全国各地で防災イベントがおこなわれるようになりましたが、元々は関東大震災が由来だったっということです。

防災の日の日程が変わる?新たな制定日とは?

これは決定したという話ではなく、そういった話が動いているという程度です。

現在は9月1日が防災の日とされていますが、もはや関東大震災の記憶が鮮明に残っている人は少数です。

それよりも、ここ数年だと2011年の3月11日に発生した、東北大地震の方がインパクトが大きいですよね。

ですので防災の意識を高めるためにも、防災の日を3月11日に制定し直そうという動きもあるそうです。

まだまだどうなるかはわかりませんが、3月11日は日本人にとっては忘れられない記憶となっています。

なるべく鮮明に覚えている日を防災の日として、防災意識を高めようという狙いは良いですよね。

正直、「防災の日なんてあったんだ!」って人もいるかと思いますが、日々気をつけてこそ防災意識は高まるものです。

防災の日が、少しずつでも日本人の意識が変わるキッカケになれば良いですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?