なんとなく最近流行りだしたイメージのある冷やし茶漬けですが、ずっと前から流行っていたようです。

2012年には、AKB48による冷やしカップヌードルのCMもあり、夏は何でも冷やして食べるのが最近の流行りなのかなぁ〜とも思っています。

暑い日に食べたい!冷やし茶漬けの作り方と楽しみ方!

引用:クックパッドニュース

最初は慣れないこともありマズイと思っていましたが、慣れるとおいしく感じるので不思議ですよ。

多分最初は、お茶漬けは温めて食べるもんだ! っていう固定概念が強かったんだと思います。

ですが暑い季節の時くらいは、冷やして食べるのも、いつもと違った感覚があるので良いかもしれません。

CMを見ていても、サラッと食べてて美味しそうに見えませんか?

作り方を守れば冷やし茶漬けも悪くない!

冷やし茶漬けは、暑い日にもサラッと食べれるので、夏バテ気味の体にはピッタリかもしれません。

ただしそれは、正しい作り方にしたがって作った場合に限られるかもしれません。

適当に冷やしてお茶漬けのもとを入れただけでは、冷やし茶漬けとして100%楽しむことは出来ません。

しっかりと冷やし茶漬けを堪能する為には、正しい作り方と楽しみ方を知っておくことも重要です。

スポンサーリンク




冷やし茶漬けの作り方と楽しみ方

冷やし茶漬けを作るために用意するのは、下記の3つです。

  • 冷ご飯
  • お茶漬けの素
  • 冷たいお茶と氷

コレに加えて、みょうがや梅干し、浅漬、ネギ、ゴマ、ツナ缶などがあると、より一層美味しい冷やし茶漬けに仕上がります。

もちろんシンプルな料理なので、作り方はメチャクチャ簡単です。

まずは冷ご飯をサッと水洗いして、ぬめりを取ります。

ぬめりを取ったら器に盛って、お茶漬けの素をかけます。

そこに冷たいお茶と氷をまぶせば出来上がりです。

具材がある場合は、お茶漬けの素と一緒にかけて、一緒に混ぜて食べると美味しいですよ。

また、永谷園のサイトやクックパッドにて、美味しいレシピを多数公開しているので、参考にしながら作るのも良いかと思います。

シンプルな料理だけに、かなりの種類が簡単に作れますよ。

毎日作っても食べきれないかもしれません。

オススメの冷やし茶漬けレシピ

引用:永谷園

わたしはシンプルに、みょうがと梅干しを入れた、冷やし茶漬けが大好きです。

そうめんやうどんなど、夏のレシピには鉄板でこの2種類を入れるようにしています。

更にここに豚しゃぶを入れると、軽食から食事に昇格しますよ。

かなり美味しいのでオススメです。

夏バテで食事がのどを通らない、体調が悪くてあまり食べたくない、お粥はもう飽きた・・・

そんな人は、ぜひ一度冷やし茶漬けを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?