忘年会の案内メールはいつまでに?社内への出欠確認は調整ツールがオススメ忘年会の案内メールはいつまでに?社内への出欠確認は調整ツールがオススメ

会社の忘年会は関係者が多く準備が大変になりがち。

案内メールも早めに送ったほうがいいと思っていつつも、いつまでに送ったらいいの?

今回は 忘年会の案内メールに関する疑問や、出欠確認に便利なツールなど、幹事の方の手助けになりそうな情報をまとめました。


忘年会の案内メールはいつまでに送るべき?

忘年会の時期である12月は、仕事納めのために忙しい人が多いと思います。

また、イベントが多くある時期でもあるので、プライベートでも予定が埋まりがち。

せっかく準備した忘年会でも、あんまり人が集まらなかったら盛り上がりもいまいちに・・・。

忘年会の案内メールは後回しにせず、遅くとも2週間前までに連絡するようにしましょう。

宛先はTO?BCC?

社内のみの忘年会の場合は、基本的にTOに全員のメールアドレスをいれて問題ありません。

社外の方や指定のプライベートのメールアドレスに送る必要がある時は、個別に案内メールを送るか、BCCにいれて送りましょう。

出欠の確認は調整ツールが便利

忘年会にオススメのスケジュール調整ツール

出欠の連絡は、メール、直接言ってもらう、調整ツールを使うなどの方法があると思います。

私がオススメするのは無料の調整ツール

会員登録などは不要。

簡単な操作でWebやスマホから管理できます。

また、誰が出席するかも見れるので、比較的出席の回答がしやすいです。

特に、会社の忘年会のような、大人数の集計や日程調整が必要な場面でとても便利ですよ。

スポンサーリンク




忘年会にオススメのスケジュール調整ツール

調整さん

調整さん

リクルートが提供しているスケジュール調整ツールです。

結構前からあるものなので使ったことがある人が多く、出欠が集めやすいと思います。

イベント名、候補日程などを入力して出欠表を作ったら関係者にURLを連絡するだけ。

出欠の入力も簡単でわかりやすいです。

どの日程が一番参加者が多いかもひと目でわかります。

>調整さん

とっとと決め太郎

とっとと決め太郎

GMOが提供するスケジュール調整ツール。

全体的に文字が大きくみやすいです。

出欠表を作った後はそのままメールで送ったり、twitter連携してお知らせしたり、evernoteにクリップできたり、できること多いが特徴。

合言葉を設定すると非公開にもできるようです。

出欠入力する時に時間を指定できないのがマイナスですが、機能性を求めるならコレ

>とっとと決め太郎

TONTON(トントン)

TONTON(トントン)

ブタのデザインがキュートなスケジュール調整ツール。

時間や日付を一括で指定できるなど、日程の指定が楽ちんなのが特徴です。

他の調整ツールに比べるとなれるまでちょっとわかりにくいかもしれませんが、利用マークが選べたりデザインが一番可愛いのはコレですね。

>TONTON(トントン)


忘年会の幹事は普段関わることのない人と交流を深めるチャンス

大規模になることもある忘年会の幹事は確かに大変です。

でも、普段は関わることのない同僚と仲良くなれたり、上司と仲を深めるチャンスでもあります。

みんなが楽しんでくれれば、あなたのおかげと感謝されて株もあがるかも?!

頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?