ボジョレーヌーボーに白ワインはない?

ボジョレーヌーボーってみんな赤な気がするけど、白ワインってないのかな?

そんな疑問を持つ方もいるのでは?

赤ワインより、白ワインのほうが好みの筆者も気になるところ。

ボジョレーヌーボーの白ワインは実際にあるのか調べてみました。

ボジョレーヌーボーに白は存在しない

ボジョレーヌーボーは名前のとおり、フランス ブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られた新酒(ヌーボー)のこと。

ボジョレーヌーボーの基準はフランのAOCという法律で厳しく定められており、使われるぶどうの種類はガメイ種というもののみなんです。

ガメイ種

引用:Wekipedia

このガメイ種は赤ワインのもとになるぶどうの品種のため、ボジョレー地区で作られるヌーボーはすべて赤ワイン

そのため、ボジョレーヌーボーに白はありません

ボジョレー地区の白ワインはある

ボジョレーヌーボーとしての白ワインはないものの、ボジョレー地区でも白ワインの元となるシャルドネ種は栽培しています。

そのためボジョレーの白ワインというのは存在します

珍しいものではありますが、特別味が良いというわけでもないそうで、白ワインを飲むなら他の地区のものでも十分だそうです。

スポンサーリンク




白ワインのヌーボー(新酒)はある

ボジョレー地区以外で生産されたヌーボー(新酒)は存在します。

有名なものだとマコネ地区で生産された「マコン・ヴィラージュ・ヌーボー」があります。

マコネ地区はボジョレー地区の隣にありますが、ボジョレーとは逆でマコネ地区には、赤ワインがないのが特徴です。

白ワインのヌーボーの解禁日は?

解禁日はボジョレーヌーボーと同じく11月の第3木曜日

2016年なら11月17日(木)となります。

ヌーボーの解禁日はすべて11月の第3木曜日と定められているんですね。

「ボジョレーヌーボーの白」と売り出す業者には注意

上記のとおり、ボジョレーヌーボーの白は存在しません。

しかしなかには、ボジョレー地区以外で生産されたヌーボーや、ボジョレー地区で作られた白ワインを、「ボジョレーヌーボーの白」であるかのように取り扱う業者もあるようですので注意してくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?