秋のお彼岸の墓参りで必要なものはなに?

お彼岸の時期にやることといえばお墓参りですよね。

今回は秋のお彼岸のお墓参りに必要な持ち物やお供え物などについて調べてみました。

お彼岸のお墓参りの持ち物

基本的に春と秋のお彼岸でお墓参りに必要なものや方法は変わらないと思います。

ただし、お参りの仕方は宗派や地域によって変わる場合もあります。

気になる方はお寺の住職の方や、親戚の方に確認してみてください。

一般的に必要場なものは下記のとおりです。

お参り用

  • 数珠
  • 線香
  • ろうそく
  • マッチ(ライター)
  • お供え物
  • お供え物を置く半紙またはお皿

掃除道具

  • たわし
  • ほうき
  • 雑巾
  • バケツ
  • ゴミ袋

掃除道具はお寺に備え付けられているところもあります。

スポンサーリンク




お供え物はなにがいいの?

お供え物は何がいいの?

お供え物に特に決まり事はありません。

お菓子やお酒など、故人の好きだったものをお供えするのが良いのではないでしょうか。

お参りした後は花以外のお供え物は持ち帰りましょう

食べ物は腐りますし、カラスなどが荒らしにくる恐れもあります。

持ち帰ったお供えものは、ご先祖様と分かち合う気持ちでいただきましょう。

喜びをわかちあうように、見守ってくれているご先祖様に感謝し、お供え物もわかちあうのが供養となります。

持ち帰るのが気が引ける場合は、包装をして、お寺へご供養として渡すのも良いでしょう。

秋のお彼岸は見守ってくれているご先祖差様に感謝し、供養する日です。

お彼岸は家族や親戚が集まる機会にもなります。

普段なかなか集まれない方もお墓参りに行って、故人の思い出話をしたり、日頃の感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?